スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
今更ですが・水質検査!我が家の場合③
続きです


栄養塩の代表格として
「硝酸塩濃度」を測ってみた訳ですが



栄養塩が少々あったくらいの方が
調子が良いって言われている
その「少々」ってのはいったいどれくらい



現状でサンゴの調子が良いんだったら



DSC_0350.jpg



悩む事ないじゃない


って思われるかも知れませんが






でも全部調子いいかと言うと




正直NOです






肝心のマメスナにチラホラ調子の悪い子が





DSC_0355.jpg






DSC_0353.jpg












以前に
マメスナの飼育難易度は色々あるんじゃないかと
記事にした事がありますが



それは今まさに私の

マメスナ飼育の最重要テーマになってるほど





特に浅場の小粒で軸の短いタイプは難しい
産地関係なく・・・




DSC_0356.jpg

    最も難しいと思うタイプ・・・
             超小粒のパステルカラー




終始半開きのまま「まともに飼育出来てる状態」
になる事なく落とす個体さえあります
自然界では凄い勢いでアメーバのように広がり殖えるそうですが
飼育環境下では非常にナイーブでデリケートに感じます





飼育書ではマメスナより難しいとされている
トサカ・ウミアザミやクダサンゴなどは
確かに初心者の頃はあっという間に
駄目にしてしまったりしてましたが
今はなんとか長期維持が出来るようになりました




ところがマメスナにおいては未だ
長期飼育出来ない個体も多いんです





もちろん
2~5年飼育出来ているマメスナもありますよ

でもほとんどが大粒タイプ



この子とか


DSC_0365_20140730204924069.jpg




この子とか


DSC_0360.jpg




小粒ちゃんで年飼育出来てるのはこの子くらい


DSC_0361_20140730205015667.jpg



マメスナ大好きなのに
長期維持出来ない個体に


何年たっても四苦八苦してる私





何故「簡単」と言われるマメスナが

長期維持出来ないのか???




どこが悪いのか
何かヒントが欲しいんですよね



今回の水質検査の目的は
長期的な高栄養塩との関連性について
「上から蛍光色を見る水槽」を立ち上げる
きっかけに検証してみようかと思った訳です






アンモニアや硝酸態窒素・リン酸塩等を
栄養素(窒素・燐)として
サンゴ(褐虫藻)が利用出来る事は知られています


参考文献:
「造礁サンゴの栄養塩利用と生態生理学的影響」
興味のある方はクリックしてください

サンゴという生き物を飼育するうえでも
とても勉強になりますので是非







そしてアンモニアや硝酸塩の「毒性」という観点から見ると
魚や私たちを含む脊椎動物への作用機序とは異なるんですよね


ソフトコーラルや軟部組織の多いLPSの場合
栄養塩があった方が調子良いっていうのは
水槽という閉鎖環境で「十分な餌を捕食出来ない」彼らの
大事な栄養源のひとつになっているのではないかな
私は勝手に解釈していました

「上から見る蛍光色水槽」が
足し水しているのに水道水と同じ硝酸塩濃度なのは
サンゴ達が窒素元として硝酸塩を利用したのかも知れません


ですので30ppmくらいの硝酸塩濃度では
SPSの様に褐虫藻がOUT OF CONTROLになって
死んでしまう事はないんじゃないかと
思っている訳です


実際、我が家の多くの
ソフトコーラルが長生きしていますし
LPS類の飼育歴はまだ半年ちょっとですが、
導入に失敗した個体はありませんでしたので
硝酸塩濃度が高めではありますが、
直接的・短期的には害にはならない濃度だと
個人的には思っているんですけど



でも長期的にはどうなんでしょうか




近年
マリンアクアに置いて低栄養塩が実現可能な
色々なシステムが紹介される中

一部のソフトやLPSの飼育条件として
「ミドリイシが飼えるくらい清浄な水」という文言も
ネット上で目にするようになりましたね


さすがにそういう文言を
頻繁に見かける事が多くなると
私が思って来たより害になってるの?って
ちょっと不安になって来ました



マメスナにとって「適切な飼育水」とは

どういう物なのかなぁ?




改めて考えてみたいと思っています








ってちょっと横道にそれますが


マリンアクアでは骨格のあるなしでマメスナを
ソフトコーラルって一括りにされがちですが


サンゴの分類上では

ソフトコーラルは花虫網の八放サンゴ亜網に属するのに対して


マメスナが属する
花虫網六放サンゴ亜網スナギンチャク目は
イシサンゴ目に近い種属となるんですね



環境省の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターの
レポートに判りやすい系統樹がありましたので拝借




nakama.gif



八放サンゴであるトサカやアザミなどの色彩に比べて



マメスナの色彩が

圧倒的に多様なのは




イシサンゴ達の色彩の多様性にも
通ずるものがあり納得できますよね



因みに
同じく色彩豊かなディスクコーラル(イソギンチャクモドキ)も
ホネナシサンゴ目で六放サンゴ亜網に入ります



分類でも適正飼育環境の糸口が見えると良いのですが・・・






またまた長くなっちゃいましたので
続きは次回




ほなね~~~




スポンサーサイト
【2014/07/30 21:35 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
今更ですが・水質検査!我が家の場合②

前回の記事では

我が家の各水槽の

硝酸塩濃度の数値を初公開させて頂きましたが




ミドリイシの色揚げを

頑張っておられる方から見れば


卒倒しそうな


高数値でしょうか?






だからって私だって水質に
全然無頓着って訳じゃないんですよ

それなりの経験則に従って
海水生体を飼育しています
私なりに大事に大事にしているつもり

生体の状態を最優先に見つつ
水の透明度や粘り気など常に見た目の変化に注意して
換水頻度や濾材のメンテナンス時期の目安にしてきました
古臭いやり方ですが・・・





んで

「硝酸塩濃度」の話に戻りますが



3年近く測ってなかった割には

ぴったり過ぎるくらい

予想通りの数値

に驚きました



今回「硝酸塩濃度」を測ったのは
我が家の各水槽の生体数と濾過システムの関係を
ちょっと明確にして
今後のサンゴ飼育の指標にしたかったんですが



ここまで予想通りなら

やっぱ測らんでも良かったかな(笑


まぁ冗談はさておき・・・




ソフトコーラルやLPSの飼育に置いて


「栄養塩が少々ある

くらいの方が調子が良い」



って話を良く聞きますが


その「少々」ってどれくらいなんでしょうか??







サンゴ水槽には現在
200Lの水量に





DSC_0348.jpg






マメスナやボタン多数の他に

ソフトコーラルが

サンゾアンシッド
ハナヅタ(3種)
ツツウミヅタ(3種)
ウミアザミ(4種)
ディスク(数種)
クダサンゴ(5種)
ウミキノコ(3種)
ウネタケ
カリブバブルディスク
コーキーシ―フィンガー
ピピンネイトシープラム
チヂミトサカ
カワラフサトサカ
ナグラカタトサカ
タマノウトサカ
スターポリプ



そしてLPS類は

マルハナガタサンゴ
ナガレハナサンゴ(3種)
ツツマルハナサンゴ(3種)
エダアワサンゴ
ウィスカーズコーラル


そして自然発生した
イソギンチャクが何種か


魚7匹
貝・カニ・ヤドカリ・・・合計150匹以上



種類豊富に飼育しています






世間では
何かと悪者にされがちな硝酸塩ではありますが



我が家のサンゴ水槽は


硝酸塩濃度30ppm 





DSC_0351.jpg





結構調子良さそうなんですけど




30ppmって
「少々」の範囲って事で良いんでしょうか?





これまた長くなるので次回に続く




ほなね~~





【2014/07/27 17:00 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今更ですが・水質検査!我が家の場合①
関西は連日茹だるような暑さ
もうすでに夏バテ気味


体がだるい





だるいと言えば・・・



我が家の水槽管理において


ず~っとサボってる事があります




「水質検査」





ズボらな私には
これがとっても面倒~臭くって
かれこれ3年近くまったく測っておりません




でしたが・・・

ちょこっと思うところもあり
久々に我が家の各水槽の



「硝酸塩濃度」を


測ってみる事にしました



試薬として選んだのはエロス



まず

我が家の水道水

水換えも足し水も水道水を使っていますので
参考に測ってみました



DSC_0136.jpg



やっぱ微妙に色付きますね
1~2ppmって所でしょうか
国の水道水質の基準は10ppm以下ですので
まぁまぁ綺麗な方かな?





そして

今回一番数値が知りたかった


サンゴ水槽はって言うと




DSC_0294.jpg



ほぉ~~~




DSC_0140.jpg




25ppmよりちょい濃い目?
30ppmくらい?かな

我が家の場合は濾材を使った強制濾過ですので

これっくらいは


想定内ですね




そして先日ご紹介した
新規に立ち上げした


上から見る蛍光色水槽は




DSC_0318.jpg




こんなものかな?




DSC_0141.jpg



2ppm??


足し水してるのに・・・
水道水と一緒??

魚入れてないからかな?
サンゴが窒素元として消費してる?
それともまだ立ち上がってないのか???
まぁ「硝酸塩」だけしか測っていませんので何とも言えませんが。






そして


魚水槽は代表して


メイン水槽を測ってみました



DSC_0333.jpg




がはははは




DSC_0334.jpg



予想はしてましたが・・・




DSC_0144.jpg



さすがに真っ赤っ赤ですねぇ

50ppmってところでしょうか?

日々の給餌量考えたら



想定内!想定内!






硝酸塩は少ないに越した事はないでしょうが



長くなるので次回に続く







ほなね~~






【2014/07/26 20:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
マメスナ飼育・我が家の場合⑥
=マクロ=




実は一応持ってるんです


マクロレンズ 


TAMRON DiⅡ



買ったのは確か2年くらい前
もちろんマメスナのマクロ画像撮りたくって


ところがいざ使ってみると
ブレるわ・・・色飛ぶわ・・・
私の撮影センスのないこと

宝の持ち腐れ
猫に小判
タンスの肥やしになっておりましたが

久々に使ってみました





ちょっと・・・・ホンマにちょっとですが
小マシなのアップします(笑




DSC_0716.jpg



DSC_0744.jpg



DSC_0708.jpg



DSC_0721.jpg



DSC_0774.jpg



DSC_0723.jpg



DSC_0778.jpg



DSC_0773.jpg



DSC_0731.jpg



DSC_0746.jpg



DSC_0768.jpg



DSC_0770.jpg



DSC_0752.jpg



DSC_0742.jpg



DSC_0751.jpg



DSC_0737.jpg






毎日練習してたら
少しは上手く撮れるようになるのでしょうか?????




ほなね~~






【2014/06/21 13:20 】 | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。