スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ゴーちゃん復帰!!!
今日はうれしい報告をしたいと思います。

実は昨日(^m^)長い闘病生活を隔離水槽で過ごしていた
ゴールデンバタフライのゴーちゃんが
無事チョウチョ水槽に復帰いたしました。


思えば・・・
トロピカル海水魚を飼いだしたのが去年の12月・・・
1匹でも☆にしたくなかった私は色々ネットサーフィンして情報を収集。。。
結果・・・チョウチョウオは飼育が難しい・・・
ん~~~~~~~悩ましい。。。
で、心に決めました。入門魚としてハタタテダイとミゾレチョウをチョイス。
この子達が無事6ヶ月飼育できたらちゃんとチョウチョを迎えるぞ!!!って

で・・・その間、飼いたいチョウチョをリストアップして!!!!
もちろん1位はゴールデンバタフライ!!!!
待つ事6ヶ月!

7月中旬 出会っちゃったんです。うっすら幼魚斑が残る4.5cmベストサイズのゴーちゃんに!!

まずは皆さん
長い闘病生活のあと見事に復活したゴーちゃんの泳ぎっぷりを見てあげてくださいヾ(@~▽~@)ノ



あ・・・私も写っちゃってますね・・・(汗)
しかもやっぱブレブレ!デジカメ買わなきゃ!!

ここからは少し長文になります。
長いくなりそうなので・・・2回に分けます。
でも今後の参考にブログに「闘病記として」記して置きたいんです。
ご容赦・・・

その前に、ゴーちゃんの治療のご相談に乗っていただいたかっしぃさんにこの紙面を借りて改めてお礼が言いたいです。
かっしぃさん。本当にありがとうございました。
無事ゴーちゃんはこの日を迎える事ができたのはかっしぃさんの助言と励ましがあったからだと思います。
またとっと日和を立ち上げた後もご訪問いただいた皆様に応援いただいてなお一層私は頑張る事ができました。
皆さんありがとうござます。
ゴーちゃん、大切に育てて行きたいと思っていますので、今後とも見守っていてくださいね。

=闘病記=

はじめに・・・
私は重大なミスをしていました。。
その後に追加したチョウチョ達の餌付けのためもあったのですが、、、アサリを調合した餌を朝晩大量に与えてしまっていたんです。
多分ろ過と投餌量のバランスが微妙に崩れてしまっていたのだと思います。

8月のある日、ゴーちゃんが激しい首振りをはじめました。。。
体をクネクネっと大きく左へ。。。

数日間一旦落ち着いたように見えたのですが、、また首振り。。。
よ~く観察したところ左腹ビレの付け根がちょっと腫れていて腹ビレを畳めなくなっているではありませんか、、、
それから数日後、その部分がピンク色になってきて・・・
頻繁にシマヤッコにクリーニングを要求するようになりました。
念のためGFGを投薬・・・
しかし、、、さらに数日後、ピンク色が赤い・・・はっきり充血しているのがわかる状態に・・・
ここであわてて隔離・・・単独でトリートメント水槽に。。。
しかし、病気は進行、、、とうとう腹ビレと付け根部分が牛肉の色のように爛れてきて、、、
腹ビレが溶けるように脱落・・・

この際、ご相談させて頂いていたかっしぃさんの助言でGFGの投入量を増量。
薬浴は内部からの炎症の場合、表皮に達して初めてその効果が期待できるようです。
翌日には患部の病変の進行が止まりました。
GFGに感受性があったのです。

その後も毎日全換水。GFGの薬浴を続けました。
そして薬1週間後牛肉色だった患部はピンク色程度までに回復。。。
あぁ~~~ゴーちゃん病気に勝ってくれたんだ!!!!!やった~~~!!!

って喜んだのも束の間。。。。

良く観察すると右胸ビレと右ほほから口先にかけて膨らみを発見。。。
ま・・・まさか再発???
2~3日後膨らみがピンク色に・・・口の中を覗くと口内も腫れており半分しか通ってない(涙)
そして・・・また、、、数日後患部が赤くなってきてしまいました。

さすがの食いしん坊のゴーちゃんもとうとう人工餌を食べなくなり。。。
ブラインをちょっとついばむくらいにまで食欲が落ちてしましました。
前回の腹ビレが溶ける症状を目の当たりにしているだけに。。。
今回は口元。。。正直口が溶けちゃったっら・・・もう命はない・・・って
最初の発病から2週間以上の月日が流れていたので、絶望的な気持ちになってしまい。
これ以上ゴーちゃんをダラダラ治療して、苦しませないようにいっそ死なせてあげた方がいいんじゃないか・・・とまで思ってしまいました。

ところが・・・翌日、口を真っ赤に腫らしたゴーちゃんが、、、
餌くれダンスをするではありませんか、、、
試しに人工餌をあげてみたところバクバク食べる。。。。

まるで

「お姉ちゃん!!

僕まだ頑張れるから見捨てないでね!

ほら餌もこんなに食べれるよ」


って言ってるように見えました。

「ごめんね!!!
もう治療やめるなんて言わないから一緒にがんばろうね!」


そう、諦めちゃいけないんです。
ゴーちゃんが生きたい!って思っている以上、私はキーパーとして最善をつくさないといけない!
どんなことがあっても最後まで頑張ろうってこの時に決心しました。

その2へ続く

スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2008/10/09 22:22 】 | 病気 | コメント(16) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。