スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
今更ですが・水質検査!我が家の場合③
続きです


栄養塩の代表格として
「硝酸塩濃度」を測ってみた訳ですが



栄養塩が少々あったくらいの方が
調子が良いって言われている
その「少々」ってのはいったいどれくらい



現状でサンゴの調子が良いんだったら



DSC_0350.jpg



悩む事ないじゃない


って思われるかも知れませんが






でも全部調子いいかと言うと




正直NOです






肝心のマメスナにチラホラ調子の悪い子が





DSC_0355.jpg






DSC_0353.jpg












以前に
マメスナの飼育難易度は色々あるんじゃないかと
記事にした事がありますが



それは今まさに私の

マメスナ飼育の最重要テーマになってるほど





特に浅場の小粒で軸の短いタイプは難しい
産地関係なく・・・




DSC_0356.jpg

    最も難しいと思うタイプ・・・
             超小粒のパステルカラー




終始半開きのまま「まともに飼育出来てる状態」
になる事なく落とす個体さえあります
自然界では凄い勢いでアメーバのように広がり殖えるそうですが
飼育環境下では非常にナイーブでデリケートに感じます





飼育書ではマメスナより難しいとされている
トサカ・ウミアザミやクダサンゴなどは
確かに初心者の頃はあっという間に
駄目にしてしまったりしてましたが
今はなんとか長期維持が出来るようになりました




ところがマメスナにおいては未だ
長期飼育出来ない個体も多いんです





もちろん
2~5年飼育出来ているマメスナもありますよ

でもほとんどが大粒タイプ



この子とか


DSC_0365_20140730204924069.jpg




この子とか


DSC_0360.jpg




小粒ちゃんで年飼育出来てるのはこの子くらい


DSC_0361_20140730205015667.jpg



マメスナ大好きなのに
長期維持出来ない個体に


何年たっても四苦八苦してる私





何故「簡単」と言われるマメスナが

長期維持出来ないのか???




どこが悪いのか
何かヒントが欲しいんですよね



今回の水質検査の目的は
長期的な高栄養塩との関連性について
「上から蛍光色を見る水槽」を立ち上げる
きっかけに検証してみようかと思った訳です






アンモニアや硝酸態窒素・リン酸塩等を
栄養素(窒素・燐)として
サンゴ(褐虫藻)が利用出来る事は知られています


参考文献:
「造礁サンゴの栄養塩利用と生態生理学的影響」
興味のある方はクリックしてください

サンゴという生き物を飼育するうえでも
とても勉強になりますので是非







そしてアンモニアや硝酸塩の「毒性」という観点から見ると
魚や私たちを含む脊椎動物への作用機序とは異なるんですよね


ソフトコーラルや軟部組織の多いLPSの場合
栄養塩があった方が調子良いっていうのは
水槽という閉鎖環境で「十分な餌を捕食出来ない」彼らの
大事な栄養源のひとつになっているのではないかな
私は勝手に解釈していました

「上から見る蛍光色水槽」が
足し水しているのに水道水と同じ硝酸塩濃度なのは
サンゴ達が窒素元として硝酸塩を利用したのかも知れません


ですので30ppmくらいの硝酸塩濃度では
SPSの様に褐虫藻がOUT OF CONTROLになって
死んでしまう事はないんじゃないかと
思っている訳です


実際、我が家の多くの
ソフトコーラルが長生きしていますし
LPS類の飼育歴はまだ半年ちょっとですが、
導入に失敗した個体はありませんでしたので
硝酸塩濃度が高めではありますが、
直接的・短期的には害にはならない濃度だと
個人的には思っているんですけど



でも長期的にはどうなんでしょうか




近年
マリンアクアに置いて低栄養塩が実現可能な
色々なシステムが紹介される中

一部のソフトやLPSの飼育条件として
「ミドリイシが飼えるくらい清浄な水」という文言も
ネット上で目にするようになりましたね


さすがにそういう文言を
頻繁に見かける事が多くなると
私が思って来たより害になってるの?って
ちょっと不安になって来ました



マメスナにとって「適切な飼育水」とは

どういう物なのかなぁ?




改めて考えてみたいと思っています








ってちょっと横道にそれますが


マリンアクアでは骨格のあるなしでマメスナを
ソフトコーラルって一括りにされがちですが


サンゴの分類上では

ソフトコーラルは花虫網の八放サンゴ亜網に属するのに対して


マメスナが属する
花虫網六放サンゴ亜網スナギンチャク目は
イシサンゴ目に近い種属となるんですね



環境省の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターの
レポートに判りやすい系統樹がありましたので拝借




nakama.gif



八放サンゴであるトサカやアザミなどの色彩に比べて



マメスナの色彩が

圧倒的に多様なのは




イシサンゴ達の色彩の多様性にも
通ずるものがあり納得できますよね



因みに
同じく色彩豊かなディスクコーラル(イソギンチャクモドキ)も
ホネナシサンゴ目で六放サンゴ亜網に入ります



分類でも適正飼育環境の糸口が見えると良いのですが・・・






またまた長くなっちゃいましたので
続きは次回




ほなね~~~




スポンサーサイト
【2014/07/30 21:35 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
今更ですが・水質検査!我が家の場合②

前回の記事では

我が家の各水槽の

硝酸塩濃度の数値を初公開させて頂きましたが




ミドリイシの色揚げを

頑張っておられる方から見れば


卒倒しそうな


高数値でしょうか?






だからって私だって水質に
全然無頓着って訳じゃないんですよ

それなりの経験則に従って
海水生体を飼育しています
私なりに大事に大事にしているつもり

生体の状態を最優先に見つつ
水の透明度や粘り気など常に見た目の変化に注意して
換水頻度や濾材のメンテナンス時期の目安にしてきました
古臭いやり方ですが・・・





んで

「硝酸塩濃度」の話に戻りますが



3年近く測ってなかった割には

ぴったり過ぎるくらい

予想通りの数値

に驚きました



今回「硝酸塩濃度」を測ったのは
我が家の各水槽の生体数と濾過システムの関係を
ちょっと明確にして
今後のサンゴ飼育の指標にしたかったんですが



ここまで予想通りなら

やっぱ測らんでも良かったかな(笑


まぁ冗談はさておき・・・




ソフトコーラルやLPSの飼育に置いて


「栄養塩が少々ある

くらいの方が調子が良い」



って話を良く聞きますが


その「少々」ってどれくらいなんでしょうか??







サンゴ水槽には現在
200Lの水量に





DSC_0348.jpg






マメスナやボタン多数の他に

ソフトコーラルが

サンゾアンシッド
ハナヅタ(3種)
ツツウミヅタ(3種)
ウミアザミ(4種)
ディスク(数種)
クダサンゴ(5種)
ウミキノコ(3種)
ウネタケ
カリブバブルディスク
コーキーシ―フィンガー
ピピンネイトシープラム
チヂミトサカ
カワラフサトサカ
ナグラカタトサカ
タマノウトサカ
スターポリプ



そしてLPS類は

マルハナガタサンゴ
ナガレハナサンゴ(3種)
ツツマルハナサンゴ(3種)
エダアワサンゴ
ウィスカーズコーラル


そして自然発生した
イソギンチャクが何種か


魚7匹
貝・カニ・ヤドカリ・・・合計150匹以上



種類豊富に飼育しています






世間では
何かと悪者にされがちな硝酸塩ではありますが



我が家のサンゴ水槽は


硝酸塩濃度30ppm 





DSC_0351.jpg





結構調子良さそうなんですけど




30ppmって
「少々」の範囲って事で良いんでしょうか?





これまた長くなるので次回に続く




ほなね~~





【2014/07/27 17:00 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今更ですが・水質検査!我が家の場合①
関西は連日茹だるような暑さ
もうすでに夏バテ気味


体がだるい





だるいと言えば・・・



我が家の水槽管理において


ず~っとサボってる事があります




「水質検査」





ズボらな私には
これがとっても面倒~臭くって
かれこれ3年近くまったく測っておりません




でしたが・・・

ちょこっと思うところもあり
久々に我が家の各水槽の



「硝酸塩濃度」を


測ってみる事にしました



試薬として選んだのはエロス



まず

我が家の水道水

水換えも足し水も水道水を使っていますので
参考に測ってみました



DSC_0136.jpg



やっぱ微妙に色付きますね
1~2ppmって所でしょうか
国の水道水質の基準は10ppm以下ですので
まぁまぁ綺麗な方かな?





そして

今回一番数値が知りたかった


サンゴ水槽はって言うと




DSC_0294.jpg



ほぉ~~~




DSC_0140.jpg




25ppmよりちょい濃い目?
30ppmくらい?かな

我が家の場合は濾材を使った強制濾過ですので

これっくらいは


想定内ですね




そして先日ご紹介した
新規に立ち上げした


上から見る蛍光色水槽は




DSC_0318.jpg




こんなものかな?




DSC_0141.jpg



2ppm??


足し水してるのに・・・
水道水と一緒??

魚入れてないからかな?
サンゴが窒素元として消費してる?
それともまだ立ち上がってないのか???
まぁ「硝酸塩」だけしか測っていませんので何とも言えませんが。






そして


魚水槽は代表して


メイン水槽を測ってみました



DSC_0333.jpg




がはははは




DSC_0334.jpg



予想はしてましたが・・・




DSC_0144.jpg



さすがに真っ赤っ赤ですねぇ

50ppmってところでしょうか?

日々の給餌量考えたら



想定内!想定内!






硝酸塩は少ないに越した事はないでしょうが



長くなるので次回に続く







ほなね~~






【2014/07/26 20:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
マメスナ飼育・我が家の場合⑨
梅雨明けましたね


本格的に夏




夏といえば
うれしい夏ボの季節でもあります

ありがたく頂戴した夏ボ
アクアにも一部使わせて頂きましたm(_ _)m



ちょっと前からやりたいなぁって考えてた


上から覗いて


楽しむ水槽を



3週間ほど前に
新規に立上げいたしました




DSC_0913.jpg




サイズは60X30X30プレコの水槽



規格水槽よりちょっと浅いタイプです
上から覗くんですから深さはあまり必要じゃないかぁって


水槽台も他の水槽と同じコトブキのホワイト
(まだ扉付けてませんが・・・笑)


マメスナはもちろんの事
サンゴの蛍光色
真上から眺めると尚一層



DSC_0173.jpg




極上の色彩を




DSC_0176.jpg




楽しむ事が出来るんですよね



グフフフフ・・・



マメスナやLPSの
蛍光美個体を入れて。




DSC_0181.jpg




うっとり




小ぶりで綺麗なシャコガイも入れたいなぁ~




今回もライブロック少なめ
ご愛用のスドーの多目的ブロックを活用





DSC_0914.jpg



DSC_0920.jpg



DSC_0923.jpg



通水はバッチリ
ブリードマメのプラグも差し込めます



そしてLED照明のみの飼育にも初挑戦です

深場のマメスナにスペクトルの照準を合わせて
ブルー系照明をメインにしてみました

グラッシィレディオRS122のディープブルー2基
グラッシィレディオXS071のコーラルUV1基を遠めから
足りない波長を補えてるかな



そんでもってシステムは

外部濾過フィルターコトブキSV9000
ろ材はサンゴ砂LLサイズ




DSC_0917.jpg




吹き出し側のシャワーパイプを逆L字型に設置して
レイアウト裏の止水域をなるたけなくして





DSC_0920.jpg




プロティンスキマーはプリズム




DSC_0168.jpg




上から覗くんだから水面は綺麗じゃなきゃ
油膜取りは必要ですよね
エーハイムのスキマー350をスポンジなしで設置



DSC_0174.jpg




水流ポンプは奮発してWMP4000
もちろん造波目的




小さい水槽ながら

私んちにしては

充実した感じになりました




DSC_0275.jpg





水槽が十分に立ち上がるまで
当分は魚は入れない予定


立上3週間で




DSC_0170_20140723190504f63.jpg



すでにマメスナでいっぱい 



レイアウトも雑然としておりますが・・・





各所に
レアなマメスナの入荷が続いておりまして
大変です




そろそろあの辺りにも・・・



あぁ・・・お財布やばいです





ほなね~~







【2014/07/23 19:32 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(15) | トラックバック(0) |
ウィスカーズコーラル・我が家の場合③

続きです


ではでは
早速新たにお迎えしたウィスカーズ
2個体をご紹介します



1個体は


ショップさんで購入しました



枝が薄茶色



DSC_0130.jpg



ポリプは全体的に白っぽく



DSC_0122.jpg



中心部がイエロー掛ったグリーン。




ポリプ計3個
このポリプの色、先住の子と大分違う
我が家の照明で変化しちゃうのかな?
変わらないで欲しいなぁ。。。
という訳でブルーのLEDしか当たらない
水流も激しくないエリアへ配置してみました

まだイマイチ開きが悪いので
満開時の姿を早くみたいです






もう1個体は


通販で購入いたしました



枝は濃い蛍光グリーン



DSC_0094.jpg



ポリプのカラーは

先住の子とほぼ一緒




DSC_0096_201407131627061ba.jpg



でもポリプのエッジの形状がイボイボした
太くて丸い感じ
明らかに違います
枝の生え方も先住の子と印象が随分違います

ポリプ計14個
エッジ丸っこいの可愛い
でもこのエッジは環境次第で変化するのかな?
先住の子と同じような環境に配置してみました







さてさてこの子達が



この先

どんな成長を遂げるのか?





また報告しますね



ほなね~~







【2014/07/13 16:40 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ウィスカーズコーラル・我が家の場合②
さてさて
先日の記事で





DSC_0539.jpg





我が家のウィスカーズの寝姿をお披露目しましたが




夜な夜なポリプの数を数えてみました


小さな生まれたての子ポリプまで勘定すると



なんと100個以上



DSC_0017_20140711210019468.jpg



DSC_0014.jpg



先日より元画像を大きく貼ってみました
クリックすると大きく表示されます
おヒマがあれば数えて下さい。(そんなヒマな人いないか笑)





当初は12個だったので

14ヶ月で8倍以上・・・



中には1枝に13個もポリプが犇めき合ってるものもあり




狭い水槽という飼育下だと
ワイルドでは見られないような歪な形に育つサンゴも
少なくないようですのでこれもその手の事なのでしょうか?
ポリプの成長に枝の成長が追い付いて行けてない感じなので
骨格の成長に必要なカルシウム等が足りない?

取り敢えず、今週末の定期換水から人工海水を
レッドシーコーラルプロソルトに変えて様子を見ようかと思います

ちょっと思い当たる点といえば
魚達にご飯をあげるついでに
ウィスカーズにも粒餌あげちゃったりするんですよね
だってウィスカーズ達ってモリモリ食べてくれるので
かわいいなぁって思って結果・・・
結構な給餌量になっていると思います






ムラムラ~~っと探究心が

湧いてきまして





「ウィスカーズコーラル増殖」ってキーワードで
ネット検索して国内の色々なサイトや個人様のブログを
拝見させて頂きましたが
我が家の様に子ポリプ達がギュウギュウになってる画像は
ほとんど見つかりませんでした



そういう時はワールドワイドに飛びましょ
海外の個体画像をチェックさせて頂きました
米国では学名由来のDUNCAN CORALと呼ばれてる事も多いみたい
世界の情報がネット閲覧出来るのはありがたいですね

やっぱ日本とは情報量のケタが違います
沢山の情報が画像とともに。。。
ポリプがギュウギュウなブリード個体の画像も見つけました
もちろん外国語ですが。
英文のものは読める範囲で読んでるところです




ところで
世界の画像拝見してびっくりしたんですが


ウィスカーズって


意外とバリエーションが

豊富なんですね





茎やポリプの色、エッジの形状や長さも色々



口のまわりにリングがあるもの
ドーム型のラベンダーのコロニ―
見事な枝ぶりのホワイトの個体
パープルのエッジにセンター淡いブルーグリーン。。。etc


外人さんに画像転写許可なんて申し出れないので
ここに貼れないのが残念ですが
学名のDuncanopsammia axifugaで検索すると
沢山ヒットします。興味のある方は是非閲覧下さい 



いやぁん奥が深そう


今までそんな視点で見ていませんでした




その変化が環境の影響なのか?
どこまでが個体の個性なのか?



海外のブリードサンゴ市場では
綺麗に育った個体は高く売れるので
飼育環境下で「増殖」「色揚げ」に関する
飼育条件探究にとても熱心ですね

プラグに固定した1枝のウィスカーズに
沢山の綺麗なポリプを増殖させるには
どうすれば良いのか?などの議論も盛んです


その中に
『ウィスカーズのカラーバリエションのうちの一部は
照明の影響で変化する事が判っているが
「エッジの形や長さ」や「元々の色素」などの違いなどは種による違いなのかは
確信していない』というような記述を発見



私もウィスカーズの


バリエーションを

ちょっと試したくなりました





と言う訳で早速自分の目で確かめるべく
新たに先住とタイプの違う
2個体のウィスカーズをお迎えしてみました




また報告いたします。




ほなね~~






【2014/07/11 21:15 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ウィスカーズコーラル・我が家の場合①
マメスナに照準合わせて
環境作りをしがちな我が家ですが



もちろん他のサンゴのご機嫌も見つつ
レイアウトを工夫してるつもりなんですけどね


新居に引っ越して
大きな水槽になったのをきっかけに



初飼育のサンゴも楽しんでおります





んで
今日は我が家の


ウィスカーズコーラルについて


ちょっとご紹介したいと思います




オーストラリアのサンゴ(オージー)が
業界の方々の努力もあり
入手出来るようになり久しいですが


ウィスカーズコーラルは
そのオーストラリアの固有種です



その名前が知られるようになった頃は非常に高価で
1ポリプ○千円・・・なんて
サンゴ初心者だった私には
とてもとても手の出せない高嶺の華でした


それが今ではその知名度と共に入荷量も増え
お値段的にも手の届くようになり
近頃は複数のポリプのついたゴージャスな大ぶりの個体も
ショップさんで見かけるようになりました


その人気は今も高く
ショップさんに入荷しても通販にアップされる前に
売れてしまう事もあるようです
見つけた時は早めに入手ください



さてそんな訳で私にとって初飼育の
我が家のウィスカーズですが


お迎えしたのが昨年の5月初旬。
14ヶ月程経ちました




DSC_0512_2014070720391012b.jpg
※購入当時の画像



綺麗に枝分かれした枝の先にそれぞれ1ポリプ
ポリプは12個
枝の色は蛍光グリーンでポリプは淡いグリーン
枝ぶりも良いし
とても良個体だと思い切って買っちゃいました





その間、大きなトラブルもなく順調にポリプが増殖して


今では枝がどこにあるのか判らないくらい



モッサモサにギッシリ

咲いてくれています





DSC_0022.jpg
正面から



ほら



DSC_0033.jpg
側面から



どの角度から



DSC_0023.jpg
上から



見ても


枝が見えないでしょ


とってもゴージャスで存在感もバッチリ



DSC_0005.jpg



めっちゃお気に入りの子です




んでふと・・・
ポリプがどんな感じで増殖してるのか?
確認してみる事にしました






週末の
ポリプが寝静まった丑三つ時・・・
水槽部屋で見たものは





ぎゃ~~~~~


なんじゃこれ~~~



DSC_0017.jpg



ポリプを閉じた我が家のウィスカーズ



DSC_0018.jpg


親ポリプの脇から子ポリプが
子ポリプの脇から孫ポリプが
孫ポリプの脇からひ孫ポリプが・・・・みたいな




DSC_0016.jpg




ポリプが閉じても枝部分が
ほとんど見えない状態になっております




DSC_0017_20140707234033bdf.jpg




若干キモいですよね


これって正常でしょうか・・・??


アリですかね???



かなりビックリいたしました







ほはね~~






【2014/07/07 20:55 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(2) | トラックバック(0) |
マメスナ飼育・我が家の場合⑧

=流れに身をゆだねて=



先日の照明のご紹介に続き


我が家の水流作りを

ご紹介したいと思います








もし大いなる海に
海流や潮の干満や波という
複雑な水の流れがなかったならば・・・

今の様な豊かな生き物達の楽園には

なってなかっただろうなぁと想像しています



骨格のないソフトコーラルにおいても
太い丈夫な幹や茎や枝と立派なポリプを
維持・成長・増殖するために
その大いなる流れに全身を委ねているのであります



もちろん

マメスナもその例外ではない

と私は思います




私が高知で見たマメスナ達のように
水流の激しい場所を好んで生息している
個体が多いのも事実みたい
反せば強い流れがないと生きていけないのかも知れませんね



ソフトコーラルがそれぞれどんな水流の速さの所に
生育しているかのデータを調査・掲載されている
サイトなどを参考にさせて頂いていますが


秒速5cm~200cm!!


時速に換算すると
180m/h~7200m/h

サンゴ達がどれ程の速さの水流に身を委ねているかが
推測出来ると思います




そんな訳ですから

我が家にとって

照明の次に重要な



「設備投資」先にすえています




ではでは現在の
水流作りをご紹介します


この一年間で随分進化しました


「全方向からのランダムな水流作り」

が コ・ン・セ・プ・ト




海の偉大なる流れには到底及びませんが
せめて近づけたい、、、






まず2基の外部濾過フィルターの吹き出し口に

ハイドールのフローを装着して



DSC_0996.jpg



1基900L/h
2基で1800L/hで結構なパワーです



左右から中心に向かってグルグル渦巻水流
その水流が水槽中心部で交差するようにしています






MP10を水槽右側に配置して



DSC_0991_2014070618082683a.jpg



ショートパルスで稼働
パワーは70~90%くらいかな
右から左方向へユっサユサ揺すられるような流れ
一定のリズムでユッサユッサユッサユッサ・・・・
サンゴ達の状態見ながらパワーは適宜調整しています






カミハタのリオプロップ1000



DSC_0010_2014070618161891a.jpg


これ↑ヘッドが180度向きが変えられるので
と~ってもありがたい!!

背面にマグネットで留めてヘッドを横向きに
レイアウト裏側に止水域が出来ないように
水槽右奥の下に設置(画像には映らない場所・・・






そしてフォルスのWMP4000



DSC_0990.jpg



正面奥に配置

只今自然の海の波を再現したと言われる
ELSEモードで稼働中
ランダムな水流でザザザ~~ンザブンザブン
MP10の水流と交差したり
水槽前面で跳ね返ったり


そしてサンゴそれぞれのお好みの水流を考えて
レイアウトする事も忘れてませんよ





DSC_0995.jpg




我が家の水槽全体に



DSC_0005.jpg



ランダムでかなり複雑な水流が



DSC_0971.jpg



作れるようになったのではないかなと思います



DSC_0976.jpg



サンゴ達のポリプが



DSC_0972.jpg



前後左右に



DSC_0987.jpg



ユラユラ~ユっサユサ~~



DSC_0986.jpg



マメスナ達のエッジも揺れています



DSC_0984.jpg



気持ち良さそう



DSC_0980.jpg






ほなね~~




【2014/07/06 18:50 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。