スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
素敵な記念日♪♪
海水飼育11周年記念の土曜日


高槻にある
アクアショップのアクアスターさん

無理言って石垣よりお取り寄せ
頂いたお魚をお迎えに行って参りました




デミ子ちゃんで初高速道路



スイスイ  快適 





アクアスターさんは二度目の訪問







店内に入って行き成り目を引いたのは




おおおおおお 






20150322170058762s.jpg






これは素晴らしい 

レアペアを生で拝見する事が出来ました 






lemon1.jpg








レモンチョウの天然ペアです 






20150322170101dd8.jpg







見て下さいこの青顔

美し過ぎます 





実際にお目にかかる機会は滅多にないでしょうから
貴重な体験をさせて頂きましたm(_ _)m





そしてお目当ての子とご対面 




さすが石垣産直送状態抜群


お願いした甲斐がありました(>▽<)

ありがとうございます 














そんでもって

実はこの日 


前々から一度お目に掛かりたかったブロ友さんの


コロッケ十円之助さん


初めてお会いしました


しかもありがたくもスイハイまでさせて頂きました 






お話に夢中になってしまって
画像ありません。。。orz







折しも白点治療の最中・・・




そんなバタバタされてる時に
お邪魔して申し訳ありませんでした m(_ _)m





初対面なのにスイハイさせて頂けるなんて
ド厚かましい私なのに



ご夫婦で快く迎え入れて下さり
居心地の良さにすっかり長居してしまいました


二匹ワンちゃんも大歓迎してくれて


おばちゃん幸せ









コロッケさんは思った通りの方で


隅々まで生体に配慮された水槽作りに

勉強熱心で聡明なお人柄が感じられました









私のマシンガントークにも

辛抱強く(笑

お付き合い下さり






そしてそして
もうひとつ私の我がままを聞いて頂きました



コロッケさんのブログにコメントをさせて頂く
きっかけになった


ひまちゃんこと
愛猫のひまわりちゃんに
お目通りが叶いました



念願の抱っこ 



保護当時の画像からは想像も出来ない程
丸々太って毛艶も良く幸せそうな表情・・・
腕の中でグルグルと喉をならしてくれました
嗚呼かわいい
思わずウルっとしそうになったのは内緒です





20151256.jpg






ご夫婦の愛情の賜物ですね




3日経ったいまでも
腕の中にひまちゃんのぬくもりを感じます。

私まで幸せな気分になりました 



その上なんと
手土産に美味しいクッキーまで頂いちゃいました


貴重なお時間を割いて頂き
色々ご配慮感謝感謝です m(_ _)m
楽しい時間でございました



今後ともよろしくお願いいたします。

次回は是非是非我が家へお越しくださいませ






素敵な記念日になりました 







ほなね~~





スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/03/23 10:20 】 | アクアイベント | コメント(10) | トラックバック(0) |
祝♪丸11年♪
今日で海水魚飼育を初めて


丁度 丸11年になりました 



2004年春分の日
偶然に採取したシマフグのおチビちゃん
飼育する事から始まりました




淡水魚歴は長く。。。実年齢マイナス8年。。。
小学校の2年生の時にグッピーを
飼いだした事に始まります


とにかく水生生物が大好きで
男の子に混じって川や沼でメダカやザリガニ採り
持って帰って飼育。。。


お誕生日プレゼントは金魚
お年玉は飼育用品に化け
毎月のおこずかいは餌代に消えておりました(笑





そんな私ですので


人生半ばに海水魚飼育に巡り合ったのは

ある意味必然だったのかも知れません 



濃い濃い11年でした







今や私のライフワークではないかと思うくらい

その深い深い魅力にどっぷりハマっております





知りたい事はまだまだいっぱい
飼育技術ももっと磨きたい



まったく飽きる気配はありません 



この先も

足腰が水替えに耐えられなくなるまでは

続けていくつもりです




これからも

もっと濃く濃く頑張りま~~~す 











そしてその記念すべき日に



昨年の春分の日にお迎えした


シマヤッコのシマちゃんが 






DSC_0630_20150317230232ad8.jpg





今日で飼育1年になりました 





小型ヤッコの中では一番好きな子です





DSC_0606_2015031723022903d.jpg




実はこの子は我が家では4代目







1代目は3年程飼育しておりました




飼育は難しいと聞いていましたが

罰当たりな事に

当時は


「普通に飼えるやん」なんて思ったものでした




春先のヒーターの故障で
低水温になってしまった際に
細かい白点病が発症
治療が間に合わずに犠牲になりました・・・
痛恨の極みでした








あれは・・・



ビギナーズラックだったと




その後に思い知らされることになりました
初心者の私に神様が使わしてくれた
特別な子だった・・・と





2代目は飼育11ヶ月ちょっとで没




3代目は9ヶ月程で



2代続けて

年飼育が出来ませんでした orz




私の飼育技術の未熟さを痛感して



長らくお迎えを控えておりましたが
新居のサンゴ水槽がしっかり立ち上がるのを待って
満を持してお迎えした




4代目の正直



DSC_0628_2015031723023181e.jpg






1年を無事迎えられて


感無量でございます 



食欲も旺盛







DSC_0603_20150317230228a05.jpg






背肉もパンパン







DSC_0598_20150317230227ca2.jpg









3年 5年 その先も



もっともっと長生きしてもらえるように


お世話頑張ります 






ほなね~~



テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/03/21 13:05 】 | 思いつくまま | コメント(10) | トラックバック(0) |
大事な補足!!
先日の「モイストペレット大作戦」の記事で


生の魚介類にはチアミナーゼという
ビタミンB1分解酵素が含まれてて
(特にアサリやエビに多いらしいし)
愛魚達が脚気(ビタミンB1欠乏症)になっては
大変って話をしましたが




大変も大変 




養殖業界でも過去には深刻な被害があったらしく 
「生餌によるビタミンB1欠乏症」による
魚のへい死率を減らす為に
既に色々な研究・対策が進んでいるみたいです



■海産性チアミナーゼの研究  クリック 

   古い文献ではありますが、
     私の今の驚きの様にぴったりなのであります






色々ネット検索したところ

養殖魚用のビタミンB1強化剤も色々ヒットしましたし 





にんにく成分の「アリシン」と一緒に与える事によって
アリシンがビタミンB1と結合して
酵素によるビタミンB1分解を防ぐ効果あるという
情報も得られました



■アリチナミン(Wikipedia)  クリック 







これを利用した養殖魚の業務用添加剤も見つけました




■バイオ化学  クリック 









ほぉ~~~ 




にんにくと生の魚介類は


「食べ合わせが良い」 って事でしょうか 







生餌率急上昇中の我が家



この情報を見逃す訳にはいきません 


いやいや
あんだけ調べたのに今更って感じですよね





生餌のデメリット対策も練らなきゃ 





のでので
こんなアイテムを買ってみました






DSC_0632.jpg




今回はちゃんとアクア用(笑

ガーリックにこんな効果まであったとは 

さてさて、どう生かそうか・・・









と言うのもですね・・・
人間の食事もそうなのですが
栄養学の知識のない私のようなド素人が
生半可な俄知識で
目先のメリットばかりに気をとられてると

過ぎたるは及ばざるが如しな事に
なっちゃったりして・・・
とんでもない事に

この頃、夕食のお刺身率が上がった私自身も
「毎晩お刺身」ってのは気をつけなくっちゃ
参考にURL貼っておこう



■個人の方のブログですが判り易い  クリック 











危ない  危ない 




私への警鐘でしょう 










魚達の食事についても  


プラスα(改善)のつもりが

結果的に



マイナスα(改悪)に 




なっちゃったら本末転倒








今でもそこそこ上手く飼えているのですから


魚達に何か劇的な効果を求めてる訳ではないので

数週間や数ヶ月で結果を出すつもりもありません・・・




ゆっくりでいいんです 






魚達の状態を良く観察したうえで

慎重に慎重にちょっとづつ

試して行かないとダメよって事だと思います







※注

私の記事をもしや参考にされてる方がいらっしゃったらなら・・・
老婆心ながら・・・

私も色々と試行錯誤の真っ最中であります。
「生餌と人工餌の栄養の比較」や
「飼育魚の長生きとの関連性」については
何~~にも判っていませんし
ましてや餌だけで「突然死の回避」が出来るのか?
なんて実証出来るはずもありません。
少しでも改善すればなぁという気持ちで試しています。

十分にお含み置き下さればありがたいです。








ほなね~~





テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/03/18 20:24 】 | | コメント(12) | トラックバック(0) |
モイストペレット大作戦!!


先日アップしました



「これからの10年のために」で





魚の栄養について随分と勉強いたしました






折角勉強したのだから



生かさなくっちゃ 








人工餌では十分足りていないかも知れないものを


消化の良い生餌で補充出来たらなって 





あれから色々試してみました









最初は色んな生餌を


千切ったり刻んだりして


そのまま水槽に投入してみたのですが 





水が白濁するわ 



スキマーが爆発するわ 




どうも水環境に悪影響を

及ぼすんじゃないかとよろしくない感じ




これはイカンイカン 








なんとか水を汚さずに

効率良く 

魚の口に入らないか 



と色々考えてみました。




そこで思いついたのが 



「なんちゃってモイストペレット」 




養殖業界では粉状の配合飼料に生の魚肉を加えて
混ぜ混ぜして圧縮⇒ペレット状にした飼料の事を
モイストペレットと言いますが



それをヒントにいたしました 











まず生餌のチョイスですが

先日記事にした栄養のキーワードを頼りに



■タウリンが豊富なもの
■DHAが豊富なもの
■アスタキサンチンが豊富なもの




最初はアクア用の冷凍南極オキアミを
入手してみましたが
既に身がボロボロになっていて
匂いもキツい



んん~~~~~ 


水槽に投入するには何かと心配・・・ 







もっと


「新鮮」で「衛生的」なものは


ないものかと考えて





「人間が食用にするもの」


に限定する事にいたしました









今日のチョイスは 






DSC_0546.jpg







■ホタテの貝柱(お刺身用)

私たち人間が「生で食す」食材の中では
ダントツにタウリンが豊富な食材のひとつです



■桜エビ(お刺身用)

タウリン・DHA・アスタキサンチンが豊富
そしてカルシウムまで摂れちゃう








それでは



お待たせしました 


 「なんちゃってモイストペレット」のレシピ公開 








①まずこんな感じでホタテと桜えびをフォークで潰します。





DSC_0548.jpg





DSC_0551.jpg







②ここにいつもの人工粒餌を混ぜまず。





DSC_0555.jpg







③そうすると、
 ホタテや桜エビを潰した時に出たの水分は
 粒餌に吸い込まれていきます






DSC_0558_20150315120722372.jpg







しっとりしたモイストペレットの出来上がり




白濁の原因だった生餌の体液は漏れ無く
粒餌に吸い込まれ飼育水を汚さず
魚達のお腹に収まるという寸法です








ねっ  簡単でしょ 




ってメッチャ色々試した割には
簡単過ぎるんちゃうか(笑






簡単なのでこれからも続けられそうです 




因みに

イカやアサリでもやってみました


こちらも良い感じでしたよ





粒餌の嗜好性と口当たりがアップしたみたいで


愛魚達にも大好評です 







DSC_0564_2015031512511236c.jpg







これで魚達の栄養バランス良くなったかな







DSC_0565.jpg








私の夕食のお刺身頻度が上がりました(笑








でもここで


生餌注意報



生の魚介類にはチアミナーゼという
ビタミンB1破壊酵素が含まれているらしく
特にアサリ等の二枚貝やエビ等の甲殻類の内蔵部分に
多いそうです
愛魚が脚気(ビタミンB1欠乏症)になったら大変




どんな食材でも
メリットがあればデメリットもあるんですね。。。

リスクを避けるために

生餌の材料も偏らさずローテーションして
常食は避けて週3~4回程度にしようと思います










そこに救世主 


ビタミン豊富な新アイテムを足す事にしました



■乾海苔(焼いていない海苔)


あれから海藻の事も色々調べましたが
陸上の植物とは一味ちがう 
栄養素がたっぷりなのであります。
特に海苔は素晴らしい
改めて感動しました

911CSn7t5KL__SL1500_.jpg


今までも「焼海苔」をおやつにしていましたが
「焼く」事によってやっぱり。。。減少するビタミンや
他の栄養素があるようですので
こちらに切り替える事にいたしました
ビタミンB1もたっぷりらしい


なんちゃってモイストペレットをあげない日の
ビタミン補強食にしたいと思います
 



なんで「あげない日」??
だって混ぜちゃったら折角のビタミンB1が
生餌に含まれてる酵素で破壊されてしまいそう
ですので念のため生餌とは別の日にあげようと思います

何でも慎重派の私なのであります






他にもこんな物も入手





DSC_0543.jpg





アクア用だけに拘らず良さそうな物は試したいと思って











DSC_0577_20150315125115106.jpg







餌のバラエティーが増えて 


毎日の給餌が一層楽しくなりました





継続は力なり 





結果が出るのはず~~っと先でしょうが




愛魚達のために工夫を重ねながら

続けて行きたいと思います








ほなね~~






テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/03/15 12:57 】 | | コメント(8) | トラックバック(0) |
うふっ♪

  





買い換えました (*^^*)v





新しい愛車紹介します 







M A Z D A 






047_2015030822483844c.jpg






デミ  子ちゃん 











海へ 


ショップへ 







乗り回すぞぉ~~~~~ 






もっと  もっと  もっと 




楽しみが増えそうです 





ほなね~~





【2015/03/08 22:59 】 | 思いつくまま | コメント(6) | トラックバック(0) |
まえがき と あとがき
「これからの10年のため!」









5編に分けて

愛魚達のご飯改善計画について

調べた事を思い付くままに




勢いで  熱く  語っちゃいましたが 







今更ですが 大切な事を


書き忘れてたので・・・・・







まえがき と あとがき を 






ちょっと追記しておきたいと思います




          












「まえがき」





海水魚の長期飼育を目指すなら 



微生物がワラワラに湧いたプランクトンリッチな 

清浄な水の  大きなリーフタンクで 



2~3匹くらい 



ゆったり飼ってあげれたならば 










な~~~んも 「ここまで餌に拘らなく」 っても
ちゃんと長生きしてくれると思います 




混泳ストレスフリ~~ 

ワラワラと湧いた微生物や海藻を生き餌とし

足りない物を人工餌で補給 





本当に魚の事を思うならば 


それが理想だと思います 




         


 ここ  めっちゃ大事 





















こんな飼い方するからいけないんです 



         


DSC_0940_20150304202500f58.jpg







この子達の混泳ストレスは
多大であります  

給餌量を考えたら排泄物による
水の汚れも顕著でしょう・・・






判っちゃ~~いるんですけどね 



ごめんなさい m(_ _)m 




















「あとがき」




という訳で

まずは 罪多き飼い方 をしている自覚を持って



この事を常に肝に銘じつつ



食事の改善に努めたいと思います









1. 急いては事を仕損じる 





「焦って早まった事をしたら失敗するよ」



 色々調べて判った事は多いけど 
 焦っちゃダメダメ 


 起こりうるリスクまでちゃんと想定してる 

 ホンマに安全なん 


 ゆっくりじっくり行かなきゃ 










2. 過ぎたるは及ばざるが如し 





「何事もやりすぎたらいけませんよ」


 いくら魚体に良いかもだからって 

 ガンガン   バンバン  はダメダメですよ 

 どんな有効な成分でも
 過剰摂取は毒になる場合がありますし 
 余分な有機物で 
 水槽内の思わぬ菌の繁殖を招いたら 危険 危険

 気をつけなくっちゃ 

 少量ちょっとずつ試すのんが基本やで









せっかく沢山の情報を得たけれど
それを今後に生かすも殺すも私次第 



自分に言い聞かせつつ 







もう既に実行し始めてる事もありますし 




頭の中では
「こんな風に試してみようかなぁ」って事は
色々なアイデアを思い描いていますが 





ちゃんと安全を十分に確認し
魚達の状態や水環境の変化を
しっかり観察した上で焦らず
試して行きたいと思っています 




上手く行きそうな手応えがあれば 

追々記事にチョロ出しして行きますよ 






まずは自分で試してみなくっちゃね 





今以上に


愛魚達が長生きしてくれればそれでいいんです 




ですので本当の成果を感じられるのは


1年後  3年後 


相当 先になりそうですけど 



気長に行こうと思います






ほなね~~



テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/03/04 20:50 】 | 飼育について | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。