スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
マメスナ画像♪
今週末は水換え三昧




そしてちょっくら


相変わらず美し~~


マメスナ画像




DSC_0564_20140810182804b29.jpg



DSC_0575.jpg



DSC_0558.jpg



DSC_0535.jpg



DSC_0553.jpg



DSC_0577.jpg



DSC_0541.jpg




DSC_0552.jpg



DSC_0581.jpg



DSC_0562_20140810182909584.jpg



DSC_0533.jpg




ほなね~~






スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2014/08/10 18:43 】 | 新居サンゴ水槽 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<初めてのシステムLED ♪ | ホーム | マメスナ飼育・我が家の場合⑩>>
コメント

どれもこれも、すばらしい!!!
うっとり^^

名前、追記^^;;;
【2014/08/10 23:37】| URL | たらふく #JalddpaA[ 編集] |

毎度です。

azuさんに勧められたガーナ産のマメスナ本当に綺麗ですね!!!

画像見て値段もお手ごろだし一発で気に入りました!!!

なのでさっそくポチリました!!!

ありがとうございました。

それからインドネシア産のマメスナのアドバイス参考になりました。

そういえばほぼ開いているインドネシア産のマメスナは少し暗めな潮通しの良い場所に配置していました。

その反対に開きが悪い方は潮通しは良いのですが、グラッシーレディオ RS122 リーフディープ直下に配置していたので照明が少し強すぎたかもしれません。

さっそく位置を変更して様子を見たいと思います。

またまたありがとうございました。
【2014/08/10 23:49】| URL | くらやん #-[ 編集] |

■名無しさん

(*^^*)
誰か分かってますけど♪
皆元気に開いてくれてます♪

いっぱいキレイな画像を残したいと思います!!
【2014/08/11 21:14】| URL | azu #-[ 編集] |

■くらやんさん

毎度です♪
おお~早速ガーナ産いかれたのですねぇ(*^^*)

お値段以上の価値があると思います!
到着が楽しみですね♪

そしてインドネシアの子。
レイアウト場所でご機嫌が直ると良いですね・・・
色は何色でしょうか?
ピンクや明るいオレンジ・明るいグリーン系・ブルーなら
元気を取り戻したら明るめの場所に移してあげて下さい。
赤や濃いオレンジなどはそのまま暗めのところの方が
良いかも知れません(*^^*)
【2014/08/11 21:31】| URL | azu #-[ 編集] |

またまた毎度です。

やって来ましたきれなガーナ産のマメスナ!!!

長めのフサフサな触手が欲しかったので良かったです!!!
情報ありがとうございました。

今度はちゃんと開いてくれています。

ところでazuさんはもうひとつのガーナ産マメスナ パープル&グリーンリングは購入されなかったのですか?
(自分は購入していません)

今更ですが、今回我家の90cm水槽の不調原因はあくまでも憶測ですが以下の通りではないかと自分なりに結論付けました。

一番最初の立ち上げ時は、残留塩素(可能性高い)または残留木酢液(可能性低い)でライブロックのバクテリアやゴカイ等が死滅。
  ↓
デッドロックになったライブロックにやがて嫌気性バクテリアが発生。
  ↓
茶ゴケが発生
  ↓
リセット、再立ち上げ。
  ↓
万全を期すため人工海水の塩素中和剤だけに頼るのではなく、コントラコロラインも入れる。
  ↓
茶ゴケが大発生→ヒゲゴケ大発生→マガキ貝投入→グリーンエメラルドクラブ、シッタカ投入
  ↓
コケ掃除隊がライブロックのコケを食べる。
  ↓
コケやデトリタスで塞がれていた穴が開放され硫化水素が噴出。
  ↓
グリーンエメラルドクラブ☆、シッタカ体調不良。
  ↓
コケやアオサ等によりフミン酸が発生。
  ↓
海水が少し黄ばむ。
  ↓
1回目のマメスナ投入→フミン酸の影響で開きが悪い。
  ↓
活性炭投入→黄ば消える
  ↓
2回目マメスナ投入→問題なく開く
  ↓
1回目のマメスナも回復の兆し。

以上です。

但し苔生したポリプのほとんどは回復不可能ではないかと思います。

すみません。だらだらと長くなってしまいました。
【2014/08/13 00:12】| URL | くらやん #-[ 編集] |

■くらやんさん

再びのコメントありがとうございます(*^^*)

ガーナ産綺麗だったでしょ♪♪
もちろんパープルリングも買いましたよ
でもこっちはちょっと地味でした(^^;
(画像の左上に映ってるのがそれですが)

それと私は一点物のメタルグリーンもポチりました♪
土曜日に受取予定。ワクワクしています
珍産地のを手に入れるのはメッチャ胸が高鳴ります(>▽<)
元々は同じ個体の色彩変化だと思います。
蛍光黄色が我が家でどう色変化するか?維持出来るか?
中々楽しみな個体です(*^^*)


ところで本題です90cm立ち上げにおける
くらやんさんの憶測から導かれた結論についてですが
折角詳しく書いて頂いたので私も真摯に受け止めて
私なりの考えを長々書いていいですかね(*^^*)

またまた生意気な事を言っちゃうかも知れませんが
ご容赦くださいm(_ _)m

まず私が日頃「水質検査」をしない
本当の理由をお話させて下さい。

くらやんさんご存知かも知れませんが
スーリン先生の「水槽の化学」読んだ事ありますか?
念のため、URL貼りますね
http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/mc.open.htm
水槽内で起こっている様々な
化学反応なども詳しく書いてらっしゃいます♪

私は養殖魚やサンゴ礁に関わる学会紙などもたまに拝読しますが
「ええぇ?まだ解明されてないんだ!」って思うくらい
専門の学者先生方が長年研究しても
海の中で起こってる様々な現象や
海中成分の事や生き物の生態のしくみは
まだまだ未知の領域が多いんですよね。
今の人間の科学力をもっても解明されてない事が多々
それだけ海は人類の英知をはるかに超えてるって事ですね

水槽内の変化もしかりって私は思っています(^^)v

たとえばくらやんさんが触れられてるフミン酸ですが

フミン酸そのものにはマメスナが不調になる程の毒性はあるんでしょうか?
沼や湿地帯の淡水熱帯魚のためにフミン酸がたっぷり溶け込んだ
ブラックウォーター(飼育水)をワザワザ作って飼育しますよね。
弱酸性の水質を好む魚達のためにフミン酸を添加する訳です。
ですので海の生き物に対してはどちらかというと
フミン酸が増える事によってPHが下がる事の方が問題なんじゃないかと?
思います。
でも、私的にはサンゴ礫などをろ材に使ってる事で
そのバッファー効果で急激なPHの変化は防げてると思っていますので
自慢ではありませんが我が家の水槽の飼育水はどれも黄ばんでいますが
基本その点は放置です(*^^*)
発生したコケや植物質の餌成分が水槽内でどれだけの時間をかけて
どういう風な微生物分解を経てフミン酸が水槽内で生成されているのかも
判りませんしね!

片やフミン酸が塩素と化学反応を起こして
毒性のあるトリハロメタンが生成される事も知られていますが
水道水に含まれる塩素が多少残っていたとしても
それがどれほどの濃度に達する物なのか?
どの程度くらいから無脊椎動物に影響を与えるのか
その濃度を測る術もデータも持ってない私たちには知る由もありません。

日本の水道水の検査基準は51項目にも昇りますよね。
(飲んでも人体に安全って思われる値の更に下方に設定されています)
検査方法は私たちが使っているホビー試薬とはレベルの違う精密なものでしょう。

それが地球上の全ての元素が溶け込んでいると言われる海水ともなると
その全ての物質の安全性(?)を調べようと思ったら
膨大な量の検査項目が必要になると推測されます(^^;
それのどれがどの生体に害があって、どれが安全なのか??
人類は残念ながらまだその全貌を未だ把握できていないと思います。
しかもですよ!それは
「今この瞬間」も化学反応や微生物分解が起こり刻々と変化するんです。。。

そんな事を日々考えていたら頭クラクラ・・・
もうしんどくなっちゃって
「キリがない」って思ったんです。
気が変になりそうでしょ(笑
我々一般人が到底測り知れる領域ではないんですよね
アクアリウムが楽しくなくなってしまいそう!(笑

栄養塩はSPSに良くない!って解明されているので
それを測る事は有意義な事ではありますが、
それはひとつの指標にしか過ぎないんじゃないかと・・・
個人的には思っています。
悪い物も良い物も他にいっぱいあるんだと思うんですよ。

そんな訳で
私は水質検査をしない事にしました(^^)v
不都合な真実も知らなくて済むし
まぁ正直面倒くさいなぁ~~っていうのが本音ですが(笑

そんな感じです(*^^*)

くらやんさんの水槽で起こった事も
もちろん木酢液も塩素も硫化水素もフミン酸も
確かに原因だったかも知れない!
けど違うかも知れない。って私には正直判りません。

くらやんさんに伝えたい事が伝わると良いのですが・・・


立ち上げたての水槽では、
微生物分解やら化学反応やら見えない・測れない物が
目まぐるしく変化してるのではないでしょうか?
ニュータンクシンドローム・・・
私が立ち上げ後1~2ヶ月水換えもせず水槽をいじらないのは
時間の経過に頼ってそれぞれの水槽に合った微生物が定着し
それらが落ち着くまで待つしか出来ないって思っています。

という訳で判らない事は判らないままでも仕方のない事だと
私は思っています。
アクアリウムって趣味はそれだけ奥が深いですよね♪

ってつい熱くなり
記事になるくらいの内容をコメしちゃいましたね(笑
持論を言葉にするのは中々難しいものです。
結局、何年やっても判らない事だらけって事になりますね(^^;


【2014/08/13 16:41】| URL | azu #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokkenyan.blog7.fc2.com/tb.php/316-89368613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。