スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
待つ事も大切な飼育技術です。
一昨年春に新居へお引越しをして


1年9ヶ月 





新魚お迎えラッシュでマリンアクア熱も上げ上げ状態です(笑



そんな訳でネット巡回も


ショップさんの新着情報や

お魚中心に飼われている方のブログに

ご訪問する機会も増えました







で・・・・



ふと思う事。








今日はちょっと辛口です


個人的には
海水魚水槽ってしっかり立ち上がって
魚を複数で飼えるようになるまでに
最低数ヵ月・・・・




特に魚水槽で過密飼育となると


安心レベルで最低1年はかかると思っています。






私が海水魚を始めた当初は
海水魚水槽の立ち上げのセオリーを
諸先輩方のHPなどを参考にさせて頂きました






水槽を1ヶ月程空回し。。。



チャゲコケが落ち着いたら50Lあたり1~2匹の
丈夫な魚(テストフィッシュと呼ばれていますね)を導入して



更に3ヶ月から半年・・・回して





やっと


好きな魚を1匹・・・2匹と

期間を置いて追加して行けると言うものでした。






もちろん一昨年の我が家の引越しも
3ヶ月家賃二重払いって痛い出費を実行して
3ヶ月かけて立ち上げた水槽に
ちょっとづつ愛魚をお引越し
最低限・・・そんな海水水槽立ち上げのセオリーを
逸脱しないように慎重に行いました。







それでも約3割の愛魚が1年間の間に

調子を崩し天国へ行ってしまいました




やっぱどんなに慎重にやったつもりでも



海水魚の水槽の安定には

時間がかかるのだなぁと
 



改めて思ったものでした・・・




そして半年くらい家賃の二重払いすれば良かったと
後悔したものでした














ですので


海水水槽を新規に立ち上げたりリセットして

1ヶ月も経たない間に

魚をいきなり過密状態で導入して上手く行く訳がありません

病気が出るのも崩壊するのも当たり前 







海水魚飼育そんなに


甘かぁ~~ありません
 







何だか見てられないんです 

大きなお世話すいません








諸先輩の築き上げた正しいセオリーはどこへ行ってしまったの????



ってネット巡回しては悲しく思う今日この頃・・・




ライブロックやらバクテリア剤やら
高性能器具やら普及してる昨今ではありますが。。。
そんなに短縮出来る訳じゃないってばぁ










超寒いのに何だか熱くなってしまいました


すいません m(_ _)m 

  





ほなね~~






スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/01/29 21:05 】 | 思いつくまま | コメント(17) | トラックバック(0) |
<<ごめんなさい m(_ _)m | ホーム | 餌付け完了 (*^^*)>>
コメント

こんばんは!
あはは、耳と言うか目が痛い感じです(笑
慎重にやられても3割行ってしまうんですね?
自分は海水魚初めて2年くらいはかなり慎重だったと思います。
あるショップさんで、60cmワイドならスズメ100匹飼えると言われて、その辺からなんだか過密になって、段々と難しい魚を買っては崩壊の繰り返しですね。
今回アドバイス頂いて、とてもとても勉強になりました。
90cmは最後の白点から半年以上経過したのと、ちょっと衝動的になりチョウを入れたんですが、甘かったですね。
ホント、難しさを感じます。
どうにか、在来の魚には影響がなさそうなので、「海水魚」は追加を暫く控えます。
「海水」魚です(笑)淡水魚と珊瑚はちょっと暴走気味ではありますが。
【2015/01/29 23:09】| URL | いえろーぴーこっく #hzq8qpAo[ 編集] |

■いえろーぴーこっくさん

こんばんは!
60ワイドにスズメ100匹ですか!?
随分過激な事言うショップさんですねぇ(笑
まぁ「スズメ」に限定すれば高等テクニックを使えば行けるかも知れませんが
死なさずに複数年の飼育となると相当むずかしいと思いますよ(^^;

いえろーぴーこっくさんのブログを改めて
拝見させて頂きました(*^^*)
現在90cmに小型ヤッコ10匹・・・
そのほか合わせて20匹くらいでしょうか?
小型種で言うと後、数匹でそろそろ定員な気がします。
過密水槽の限度として5cm前後の魚で1匹当たり10L。
濾過が安定期に入ってるという前提で
少なくとも8Lかなぁ。。。を目安にしたらなんとか行けるかなぁ?って
感じだと思います。
密度が増すほど病気のリスクは上がる事は常に心に留めて。。。

半年白点が出ていないようなら
慎重に1匹ずつの追加でしたらチョウチョウも行けると思いますが
心配と思うようでしたら、もう数ヵ月我慢してみますか?(笑
その間に更に濾過が熟成されるでしょうから。
安心度は増しますね!

私は淡水魚歴の方が随分長いです。
いえろーぴーこっくさんというHNからお察し申し上げますが
アフリカンシクリッドもされていたのでしょうか?
私も過去に経験ありです(*^^*)アーリーやらフロントーサ等飼育しておりました。

私も昨年まではお魚のお迎えを控えておりましたので
サンゴに随分ハマりました(笑
【2015/01/29 23:46】| URL | azu #-[ 編集] |

全くもって同感であります!!

わたしもハラハラドキドキする事が多いです。
でも私の過去ブログを見てると結構な勢いでお魚を入れております(滝汗)

しかし昔はみなさんもっともっと慎重でしたよねー。

わたし達がマリンアクアを始めた10年前頃はネットでの情報は今よりは少なく、
ベテランさんのHPやサイトからのみで情報の質が良かったのかも?
今のネット情報は多彩で混乱を極めていますから初心者には正しいか誤りかは
判断できないでしょうね。

あと昔は本で勉強したもんでしたよね!
本の情報はかなり正確で信用できるモノが多いと思います。
「初めて海水魚を買うときに読む本」だったかな?
タクタさんの本。
昔、札幌ではみなさん持ってるバイブル本でした。
最近はネット情報が溢れているので、この様な本の役目は終わってしまったのでしょうか?

あとはショップでの情報でやっている方が多いようですね。
良心的ショップ、違うところ色々ありますからね〜。

最近、マリンアクアを始めた仲間達にも本を読む事を勧めるのですが、ネットで事足りてしまうのでなかなか読まれる方いませんのが現状ですね。
【2015/01/30 09:47】| URL | たらふく #JalddpaA[ 編集] |
Re: タイトルなし
■たらふくさん

多分、今はリーフタンクが主流ですからね
「SPSの飼育」と「魚飼育用ウエット濾過システム」の情報を
混同されている方が多いと思いますね。

多くの方が魚の死因を「硝酸塩」のせいに
したりする辺りがその証ですね(^^;
私なんか硝酸塩出たら
「濾過がちゃんと機能してる♪」と喜んじゃいますけどね(笑

誰でも簡単にブログが出来る時代なので
おっしゃる通り正しい情報が何なのか?
読む側の判断に任されますものね・・・難しい問題ですね。
もちろん私も海水飼育2年目で崩壊を体験しました。
ご多分にもれず原因は魚の入れ過ぎですね(滝汗

でもねぇ海水歴4~5年以上の方でも
崩壊・リセットを繰り返す水槽・・・
新魚の追加をアオるコメント。。。
見てて辛くなります(^^;
大きなお世話とは思いますが
「どこかで気付く機会はないものか?」と
今日は記事にしてしまいましたm(_ _)m

上手に飼育されているベテランさんの飼育技術を見習う事や。
正しい知識を飼育本等で学ぶ大切さ。
見直して欲しいですねぇ。。。

【2015/01/30 14:20】| URL | azu #-[ 編集] |

レスありがとうございます。
また勉強になるアドバイスありがとうございます!!
そうですね、90cmはもう定員とっくにオーバーですので、しばらく控えます。
アフリカンもかなり凝りました。HNもアフリカンから取ったものです(笑
事務所で飼っていたのですが、移転の際、水槽はおけないと思い、全部里子に出しました。
でも、気づいたら、水槽は置けて、海水魚に走った感じです(汗
海水魚を我慢すると、珊瑚や淡水魚に走ってしまいます。自分であっ、またやっちまったと後悔の連続です(爆
【2015/01/30 17:46】| URL | いえろーぴーこっく #hzq8qpAo[ 編集] |

■いえろーぴーこっくさん

そうですかぁ♪
やっぱりアフリカンシクリッド飼われていたのですねぇ。
私がハマっていた頃はまだ普通のショップさんでワイルドが買える時代でした。
水槽管理も海水魚に通ずるものがありましたよね。

海水魚飼育は正に「忍耐」が試される趣味ですね(笑

水槽をイジリたい気持ちや魚を追加したい欲求をいかに抑えられるかで癒される水槽を作れるか?問われると思います。

粗末な器具しか手に入らなかった時代にも
海水魚を上手に飼われていた先輩方々は沢山います。
とても参考になると思いますよ。
お暇な時にネットでも検索ください(*^^*)
【2015/01/30 20:25】| URL | azu #-[ 編集] |

こんばんは(^^)


私も水槽の環境が回り始めるまで最低半年はかかると思っています。


と言うか、立ち上がった後でも、ちょっとした変化で右往左往するので、極力変化を与えずに管理する必要があるのかもしれません。


水槽の調子が下降し始めるとなかなか上り調子になりませんからね(^^;


後私はバクテリアの元とかは使いたくない派です。

そのような物を無理やり使って水質を浄化するように仕向けても、結局は完全に水槽が出来上がって回り始めるには、何も無い状態から立ち上げるのと大差ないか、逆に合わないバクテリアを無理に追加する事でバランスが崩れて立ち上がりが遅くなるだけだと思っています。


何事も即席よりじっくりの方が品質や出来上がりもいいですよね、アクアの場合は確実にじっくりの方がいいと確信します。



【2015/01/30 21:59】| URL | Hon #qbIq4rIg[ 編集] |

立ち上げから日の浅い水槽に次から次に魚を入れて崩壊させてる方は確かによく見掛けますね。
僕はそのような経験がありませんので、何が正しいのか?も分からないのですが、完全に立ち上がっているウチの水槽への新魚の追加ですら我慢が必要な事は実感しておりますので、立ち上げ直後ならもっと我慢が必要なのかもしれませんね。

ちなみに僕は某所で面白半分で追加を煽るコメントしてました。(もちろん冗談ですが)
しかし冗談でもそんな事はするもんじゃないのですね。
かなり反省しております。
【2015/01/30 22:27】| URL | コロッケ十円之助 #zbVuVz4I[ 編集] |
Re: タイトルなし

■Honさん

こんばんは!!


>最低半年はかかると思っています。

一昨年の引越しの際。。。家賃をケチって3ヶ月で引っ越したのをメッチャ後悔しています。
ミュラーズもアヤも・・・etc天国へ行かずに済んだのではないかと。。。
引越しを機会に海水魚水槽における「時間の経過」というものの大切さを改めて感じました。


>ちょっとした変化で右往左往するので、極力変化を与えず

水槽はイジらないに越した事はありませんねぇ。
出来上がった水槽でもたった10cm平行移動しただけでも
バランスが壊れてしまうというお話も聞いた事があります。

病気が出たらリセットしてすぐにお魚を沢山入れてしまう。。。
また病気が出て崩壊・・・そんな記事がネット上に溢れていますねぇ

海水水槽が熟成安定するのに時間がかかるのよって「常識」はどこに行ってしまったのでしょうか?
なんだか悲しい気がします。。。
水槽が安定すれば崩壊するほどの病気は発生しないのですが・・・

リセットなんて気軽にしてはいけない行為だと個人的には思っています。
それより「じっと待つ」方が海水魚の飼育では「急がば回れ」につながると思うんですよね

私もバクテリアの元も添加剤も「良く理解できない」ので極力使いません(笑
理解できれば使うかもしれませんが、私の知識の範囲では万能ではないのは確かです・・・
【2015/01/30 22:34】| URL | azu #-[ 編集] |
Re: タイトルなし
■コロッケ十円之助さん

こんばんは!


>何が正しいのか?も分からないのですが、

良いことを言って頂きました。。。
自分で記事を書きながら何だかモヤモヤしておりました・・・
生き物飼いとして「何が正しいか???」それは私が語るにはおこがましい言葉でしたm(_ _)m

でも、少なからず同じ過ちを繰り返さないように
今回の記事は何か誰かに気づいて欲しいって想いで書きました。

Jリーグに昇格するも血の滲むような孤独な下積み時代があるのですよ。
生き物を飼うのにもセンスという物がございます。
センス抜群なのに。。。実に惜しいです。
私はチキンなので直接コメントは出来ませんが(笑
どうぞ、もうちょっと立ち上げに時間を掛けて頂けるようにお伝えください。
ストレートに言うと80Lで11匹は半年先でお願いします。

そしてコロッケさんも濾過槽の入れ替えどうぞどうぞ慎重にお願いいたします。
(十分に慎重にされてるとは思いますがw)


【2015/01/30 23:04】| URL | azu #-[ 編集] |
Re: Re: タイトルなし
■コロッケ十円之助さん

先ほどの返信コメ・・・
読み返すと何だか失礼な事いっぱい書いてしまいました。。。
ごめんなさいm(_ _)m

Y氏の水槽。。。実は凄く心配しております。
崩壊なんかになっていませんように・・・祈っています。


【2015/01/30 23:58】| URL | azu #-[ 編集] |

>>azu殿

いえいえazu殿のアクアに対する情熱、優しさ、人に対する気遣いは皆さん理解しておられると思いますよ。(^^
【2015/01/31 00:08】| URL | コロッケ十円之助 #zbVuVz4I[ 編集] |

■コロッケ十円之助さん

そう言って頂けると救われます。

でもやっぱ大きなお世話が過ぎるのが私の悪い所でございます(T_T)

【2015/01/31 09:30】| URL | azu #-[ 編集] |
初めまして
azuさん,初めまして,こんばんは。

azuさんのブログ,大体2週間に1回ぐらいの割合で読ませていただいています。外部濾過+底面濾過で,よくこれだけの魚を飼って維持している(濾過能力的な話ではなく混泳技術として)なぁ,といつも感心していました。

海水魚水槽の立上げは,実際1本1本環境が異なりますから最初からアンモニアと亜硝酸テスターを使ってきちんとモニターした上で,立ち上がったかどうかを判断すれば難しくないと思うのですが,昨今の初心者の方はどうしてそれをしないのか不思議です。

教科書に載っている立上げ時の水質変化パターンは,あくまで一般的な例もしくはその方が実際に経験したパターンであり,自分の水槽で全く同じになる事は少ないのですけどねぇ。
この立ち上げ時の作業を怠り,なんとなく2ケ月,3ヶ月経ったから魚を追加しても良いだろう,というパターンは立上げ失敗に繋がる事が多いのです。なぜか立上げに失敗してしまうと,テスターで測っても異常はないのに魚を増やすと追加した分,またはそれ以上の魚が落ちたり,変な(一般的ではない細菌性の)病気が出やすくなると思います。

私はazuさんと違って,これまで無脊椎動物(ハードコーラル,ソフトコーラル)は1回も飼ったことが無く,ひたすら海水魚の混泳水槽だけを維持してきたので,昨今のライブロックを使った海水魚水槽にすら,あまり必要性を感じないのですが,まあ趣味ですから個人個人が好きな方法で上手くいけば,一番良いのですけどね。

最後に,硝酸塩なんてずっとその水槽で飼っている魚達なら,徐々に100ppm程度になっても重篤な悪影響は出ないので(一部の魚の退色はあるかもしれませんが),それを数か月放置したりせず,定期的な換水(1ヶ月1回,3割程度の水量で十分)を行っていれば気にする必要はありませんから,azuさんの意見に全面的に賛成です。

長々と書いてしまい,申し訳ございません。
それではまた,機会がありましたら。




【2015/02/01 18:43】| URL | NK #yVWmKz1o[ 編集] |

■NKさん

初めましてこんにちは
コメントありがとうございます!
こちらこそNKさんのホームページ
度々大変参考にさせて頂いておりますm(_ _)m

一昨年の新居へのお引越しで
魚水槽を3本ほぼ同時にほぼ同じシステムで立ち上げましたが
おっしゃる通り1本1本立上がり方に違いを感じました。
これは水槽そのものも生き物なのだなぁと実感出来る出来事でした。

今はナチュラルシステムから入られる方が主流で
専門店の店員さんでもウェット濾過での飼育の経験がない方も
おられるくらいです。

ですので「栄養塩」が魚に及ぼす影響については
誤認されてるキーパーさんも多いと思いますが
それで上手に魚たちを長く飼育出来ているのであれば
趣味の世界です、それはそれで素晴らしい事だと思います。

でも実際は、ライブロックやバクテリア剤を過信されてるのだと思いますが
海水水槽を立上げたり完全にリセットした即日から魚を投入したり
1ヶ月も経たない間に60cm規格水槽に十数匹の魚を混泳させ全滅・・・
それで又リセット・・・
同じ過ちを繰り返し続ける人がネット上に溢れております(T_T)
しかもそれが初心者ではなく数年以上海水水槽を回してる方だったりいたします。。。

NKさんがおっしゃるアンモニアや亜硝酸等の水槽の立上りのモニタリングどころか
やるべきセオリーを全てすっ飛ばしておきながら「海水魚の飼育は難しい」と
敷居が段々高くなっている気がするのです。。。
趣味なので大きなお世話とは思いましたが
何だか悲しくなってしまってつい嘆きの記事をアップしてしまいました。

>変な(一般的ではない細菌性の)病気が出やすくなると思います。

そうですね。私もこの辺りは過去に苦い思いをいたしました。。。
個人レベルでは想定出来ない
色々な細菌たちの「責めぎ合い」が水槽内では日々起こっているんじゃないかと
憶測いたします。
魚の免疫力阻害や病原菌になりうる菌の増殖・・・etc
出来うる限りこのような事態が起きないように
慎重に慎重に新居の水槽は立ち上げましたが

ただ、如何せん私の最大の弱点は
水槽の中で起こっているであろう
そう言った様々な生物分解やら化学反応などを
人様を説得できる程・・・テスターの数値やその根拠を交えて表現
出来ないところにございます。。。(^^;;
今回の記事でも多々説明しきれていないというか
大事な所が欠如していますね。
コメント深く感謝いたします!!

そしてNKさんのようなベテランの方のHPを参考にされて
ひとりでも多くの方が海水魚を楽しく飼育出来るようになれば良いなぁと思います。

そしてお見苦しい表現を記事中で使ってしましましたご容赦ください。
こちらこそ長々と失礼いたしましたm(_ _)m

HPの更新楽しみにしております。
これからも沢山勉強させて頂きます。
そして勝手ながらリンク貼らせて頂きたくご了承ください。


【2015/02/01 20:47】| URL | azu #-[ 編集] |
了解しました
azuさん,こんばんは。

こんなに早くコメント返しをいただけるとは思っていませんでした。そろそろネット切ろうと思っていたら,返信に気が付きました。

リンクの件,了解いたしました。私の方もリンクを貼りたいと思いますので,ご了承いただければ幸いです。

いろいろなブログやHPを見ていると,azuさんのおっしゃるように海水魚飼育の基本をきちんと理解していないというか,あえてやってはいけない事に挑戦しているのではないか,という方もおりますよね。昔に比べインターネットには情報が溢れかえっていますから,自分の疑問に対する正しい答えをきちんと選択することが重要です。

まあ,昔は(今でも私はそうですが)書籍にするとか学会発表するとか論文を書く場合,著者は書いた内容に責任を持たなければなりませんから,いろいろと時間をかけて調べないといけませんでした。しかしインターネット上では,そのハードルを皆さんかなり低く見積もっているように思えます。

海水魚のみならず水槽というものは,個々のシステム単位で窒素代謝に関する生態系システムを作り出さなければいけない,という事を忘れてはいけないと思います。さらに,魚達の恒常性を保ち免疫機能を正常に保つ事は重要ですが,いかなる免疫系も病原体暴露量がある基準を超えてしまえば,病気になる確率は格段に高くなります。安定したら水槽を手荒にいじるな,ということはこの辺りへの注意なのでしょうね。

それではまた。

【2015/02/01 22:10】| URL | NK #-[ 編集] |

■NKさん

リンクの件ご了承ありがとうございます。
(早速貼ってしまいました。笑)

そしてHPへのリンクよろしくお願いいたします。

本日はありがとうございました!!

【2015/02/01 22:32】| URL | azu #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokkenyan.blog7.fc2.com/tb.php/349-d72c728d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。