スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ひとりごと


気がつけば

9月15日で

ブログ開設7年を迎えていました


開設当初の記事は
読み返すと恥ずかしいものですね



この7年間で人間としても
マリンアクアリストとしても
ちょっとは成長出来てるんやろか









まだまだですわ


昨年来


私の「海水魚の飼育スタイル」そのものに
な~~んか物足りないものや
疑問のような壁のような
モヤモヤ感を感じるようになっていました


魚達の栄養の事を改めて勉強してみたり
水温含めた水槽の水環境の魚への影響を調べたり
造波ポンプ設置したり
リフジューム増設してみたり
ライブロック入れてみたり

ブログでご報告してきた事


報告出来ない諸々な事
(実はこっちの方が多かったりします)




水槽のシステムひっくるめて
いずれも常に魚目線で慎重に・・・

決して間違ってる事をやって来たわけでない
とは思ってはいるのですが





でも、、、

なんか物足りない







そんな訳で、今年に入ってからかなぁ・・・
MACNA行きたいなぁって思ったの
世界最先端のマリンアクア事情をこの目で見たかった



私の知りたい答えが何処かにないかと
その頃から・・・
海外のサイトばっかり見ていましたから



そんな中、雷電さんとの出会い
水槽拝見させて頂いて強い衝撃を受けました

その後も超ご近所さんという事もあり
色々アドバイス頂いたり、情報頂いたり
お世話になっておりますm(_ _)m













で。。。



私が最も気になってる事と言うのは
海水水槽の濾過システムについてです



何を今更って


思いますが・・・




今どきの
欧米のマリンアクアリウム

サンゴ礫やリング濾材を使った
「ウエット濾過」って
ほとんど見かけないんです



何故なんでしょう









私は生粋のウエット濾過派



魚混泳水槽にはウエット濾過が一番やぁ




って思っていた私の中の

既成概念固定観念

見直す事から始めたいと思います





近いうちに600規格サンゴ水槽を畳み
新規に水槽を立ち上げる予定です






まず体験してみるつもり







ほなね~~






スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2015/10/01 20:10 】 | 思いつくまま | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<謹賀新年☆ | ホーム | MACNA 2015 ♪♪>>
コメント

azuさん,お久しぶりです,こんばんは。

MACNAに行かれたようで,そこでいろいろと刺激を受けたのですね。私は英語は読めても会話関係は聞くのも話すのもダメダメですから(ついでに書くのも),趣味とはいえとても欧米まで出かける気力ありません。その点,azuさんの向学心はすごいですね。

私もメイン水槽は普通のウエット濾過(10番サンゴ砂を使った一層式)ですが,60×45×45OFと90×45×45OF水槽はどちらも自作(知人の)流動濾過です(しかもサンド濾材使用)。そういう意味ではちょっと他人とは違う濾過スタイルですけど,安定していると変更しようという気が起きないから保守的なんでしょうね。

最近の欧米のマリンアクアリウムは良く知らないので,azuさんの試みを楽しみにしています。頑張ってください。ただどんな方式でもメリットの裏にはデメリットもありますから,事前にしっかりとまとめておけば不測の事態を避けられるかもしれませんね。

それではまた。


【2015/10/02 00:08】| URL | NK #yVWmKz1o[ 編集] |

こんにちは、Azuさん、眩しいです、とても。私のように日々漫然と飼育していく者もいれば、一方でAzuさんのように自己研鑽を繰り返し成長される方もおられます。圧倒的に後者の方の努力により、新しいシステムが模索され、力量が広がっていくものだと感じていますし、つくづくその姿勢を見習わなければと思いました。海外から発信されたベルリンスタイルも、当初は濾材を抜いてスキマーだけで回すシステムに驚いたものでしたが、今やスキマーを稼働させるシステムは常識化しています。そして、欧米の方の一番顕著な所は、圧倒的に水量が多いということだと思います、日本のような小規模な水量では、欧米システム++αが必要になるのではないかと思います。その+αをどうしていくか、見当もつきませんが、Azuさんの考えられている構想システムの今後の展開をとても楽しみにしています。
【2015/10/03 09:23】| URL | もこじじい #SFo5/nok[ 編集] |
Re: タイトルなし

■NKさん

こんばんは!
ご無沙汰しております♪

私も英語は読み書きがほんのちょっとだけ・・・
会話なんてとてもとても出来るレベルではないのですが(^^;
行ってしまいました!

アメリカのマリンアクアの熱さにとにかく圧倒されて帰ってきました。

メリデメをきちっと見極め自分の飼育スタイルに活かすには
やっぱり試してみるしかないと思いました!!

ちょっと頑張ってみます♪
温かく見守っていて下さい(*^^*)

【2015/10/03 21:51】| URL | azu #-[ 編集] |

■もこじじいさん

こんばんは!
欧米の方々の「生き物飼う」という事への姿勢は
見習わないといけない事が沢山あります。

今回のMACNA参加は
私のこれからの海水魚飼育に大きく影響する事は
間違いありません(*^^*)

アメリカでも
一部の著名なハイエンドはアクアリスト以外の一般家庭の方々は
水量300L以下の水槽でマリンアクアを楽しんでいる方が
多いそうです。

おっしゃるようにその+αをどう我が物に出来るのか?
実際に体験して今後に活かせて行ければなぁって思っています。

頑張ってみます♪


【2015/10/03 22:01】| URL | azu #-[ 編集] |

僕も雷電殿と知り合って色々と話を伺ってるうちに思いっきり影響を受けた者として、azu殿の仰りたい事にひじょ~~~に賛同いたします。
欧米のスタイルが何故今の様なスタイルになったのか?最近になってようやく少しずつ理解できるようになってきました。
魚水槽は底砂やライブロックを入れず水量に対して〇〇%の濾材を、、、、、確かに間違いではないかもしれませんが、それだけではないと思います。
いやそれだけではないのです。
雷電殿の水槽が魚達がそれを証明してくれてます。
固定観念を持って自分のシステムマンセーになった段階でこの進歩はありません。
共に頑張りましょう!
【2015/10/03 23:13】| URL | コロッケ十円之助 #zbVuVz4I[ 編集] |

■コロッケさん

こんばんは!
魚達の生き生きした姿♪
色!体型!泳ぎ方!表情!
魚とサンゴの共演(*^^*)

欧米では
何故?ウエットろ材が廃ってしまったのか?

体験しないと判らない事もあるでしょう♪
ナチュラルなシステムで魚を飼うことから
初めてみたいと思います♪

はい!お互い頑張りましょう♪

【2015/10/05 22:47】| URL | azu #-[ 編集] |

MOCHA、かなり刺激になったようですね!
わたしもいつかは行ってみたいです。
新水槽、楽しみにしていますw
わたしも雷電様と知りあいたいなーwww
【2015/10/11 22:35】| URL | #JalddpaA[ 編集] |
Re: タイトルなし
■たらふくさん

めっちゃ刺激になりました(>▽<)
なんかモヤモヤしてたもの!!!
ちょっとわかったような気がします♪

是非是非いつかご一緒しましょう!!
新水槽は妄想中です(笑
がんばりま~~す♪



【2015/10/13 19:37】| URL | azu #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokkenyan.blog7.fc2.com/tb.php/386-f303f29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。