スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
私的「長期飼育のための5か条」その2!!
超私的!!


「長期飼育のための5か条」

今日はその2回目♪


第2条♪


※とっても言いたい事が濃いので長くなってしまいました・・・
 読むのしんどいでしょうがお付き合いください。。。
 5周年の意気込みなんで(汗)



「無理な混泳をするべからず」


意外と大事なメンタルケア!!



なんやなんやぁ~過密混泳お魚水槽を目指してるのに
なんか矛盾してんじゃない???

過密って無理な混泳ちゃうん??

なんてお思いの方!

突っ込んでいただいて結構ですよ~~



でもでも、いえいえ・・・

そうでもないんですよって私は思うんです。


もちろん相手は生き物です。
私の思うとおりにならないのが、、、
またまた奥が深いという事で
好き勝手書くので「そこ違うじゃん!!」って
ところが多々あると思いますが

私の辺は超私的な解釈という事でご容赦ください。


さてさて


本題へ


幼少の頃からお魚大好きで
アクア暦ん十年になりますが、、、

海水魚を飼いだしてまずビックリしたのは

「知能の高さ」です。


皆さんもご経験あると思いますが
新魚を追加した時の先住魚達の反応!
観察すると面白いですよね。
もちろん入れた途端に先住魚にボコボコにされようもんなら
面白いなんて言ってられませんけど・・・

うちの場合、比較的平和な無脊椎の水槽に新魚を入れると、、、
必ず行われる儀式・・・
オドオドしている新入りさんのところへ

先住魚が入れ替わり立ち代り

「君?誰??誰々??」「何者??」

ってな感じで近づいてきて
そりゃ念入りにジロジロ見てますよ。
ワンちゃんみたいに匂いなんかも嗅いでるかも知れませんね。
ちゃんと相手が新入りさんって認識している証拠です。

凄い知能ですよね。

そんな知能の持ち主です。

「好き」「嫌い」「うれしい」「怖い」「寂しい」

なんかの感情を持っていると

私は思っています。彼らの表情を見てたらわかりますよ。

こんな感情をちゃんとくんであげて混泳を考えてあげる。

これも長期飼育の鍵のひとつじゃないかと思います。

去年ですね~~
ある方に長期飼育のヒントをお伺いしたところ
混泳については

「ひとつの水槽に原則一属一種もしくはペア」

「同属ばかりの混泳だと間違いなく弱い者から落ちていく」

90cmに満たない狭い水槽で例えばヤッコばっかりで混泳飼育していると
一見大喧嘩もなく混泳が上手く行ってるるように見えても
長生きできない子が必ず出てくるそうです。

ヤッコを追加しても追加しても☆。。。そんな経験ないですか?
多分喧嘩してなくても十分お互いにプレッシャーを与え合ってるんですよ。
初心者の人が失敗してしまうパターンのひとつだそうです。
気づいてあげて欲しいです。


私もここ一年ほどヤッコ達を飼育してきて、
この事について、なるほど~~と思うようになって来ました。

何故なら

「ヤッコはヤッコが大嫌いなんです」よね。



確かに大嫌いな人達と四六時中同じ部屋で365日生活しろと言われたら
人間でも気がめいっちゃいますよね。そりゃ~~でっかいストレスです。
見えないプレッシャーに耐えられなくなって死にたくなるのもわかります。

。。。と・・・ヤッコを例に長々と語っちゃいましたが。。。
この様に「同属嫌悪」の激しい魚種は他にも沢山います。
成魚になるほどその傾向も強くなるみたいですね。
でも本能なので仕方ありません。


でもそんな本能を知ってしまった以上・・・

私は我が家の水槽を

無理やり同属同士をキュンキュンに詰めた

「四方八方!敵だらけ戦場みたい」

メンタル的に弱い子を追い詰めて死なせてしまうような

「神経衰弱耐久競争のサバイバル」水槽

には私はしたくないと思います!!



※注
同種混泳を否定しているのではありません。
実際♪
大好きなヤッコの複数混泳で上手に長期飼育されている方の画像なんかを拝見すると。
嫌いな相手の顔が四六時中見ないで済む複雑なレイアウトをされていたり
水量1tのでかい水槽で上手にナハダイの群れと混泳されていたり
工夫次第では充分可能だなぁ~・・・
飼育技術の高さが生かされてるなって感動したりします。。
(リンク内にあります♪だれの水槽でしょ(^^)v)



んじゃんじゃ
全ての魚種において長期飼育を目指すなら
混泳などしないで単独飼育の方がいいのでしょうか?

自然の海に思いをはせてください。
さんご礁の海は沢山の種類の魚達でひしめき合ってます。
それぞれの種類の魚たちが協調し合って生きているんですよね。

先日らーちゃんの餌付けの際に改めて感じたことがあります。
狭いトリートメント水槽の中でらーちゃんはすっかり怯えていました。
「寂しい」「怖い」って思ってたのだと思います。
あのままトリートメント水槽で餌付けのためと称して飼育を続けていたら、、、
ビビりつづけたまま「孤独死」・・・??
餌付けもままならないまま☆にしていた。かもしれません。

だれかがそばにいないと安心出来ないような寂しがり屋の子には
それなりの混泳仲間が必要なんだなと混泳の大切さも知る事ができました。


さてさて、
んじゃ私が思う私的長期飼育の為の混泳のイメージは・・・


「多魚種混泳過密水槽」????

あはははは・・・




以前、ハプロクロミスに代表されるアフリカンシクリッドを飼っていた事があります
縄張り意識が強く、喧嘩が絶えません。
このお魚達を上手く混泳させる技法のひとつに「過密混泳」がありました。
過密に飼育する事によって喧嘩のターゲットを分散させる方法です。


海水魚水槽に置いては水質管理や濾過の問題が他にも山積ですし
魚の数が多い分それぞれの魚の命への責任も増えます。。。

でも海水魚にも何とかその技法を取り入れて
長期飼育していけないかなと思っています♪

混泳の仲間ですが、
これからは出来るだけ「同属嫌悪」の強弱などもきちっと調べた上で・・・
多種多様なお魚を選んで行きたいです。
ってお魚好きの私、
皆さんがご存知のポピュラー種以外にも沢山飼ってみたい子がいるんですよね♪
そんな私の嗜好にもピッタリ♪

ここからが要!
今のメイン水槽から具体的に例を出すと
「ヒフキアイゴのアイちゃん」「ハタタテダイのハタ坊」
「クギベラのクギ夫」の存在!!!
他魚に無関心なこの3種が「図体デカイ」っていうのは
喧嘩の少ない平和水槽のためにとても役に立ってると気づきました。

ヤッコ共が体合わせてパタパタ喧嘩始めても
アイちゃんかハタ坊かクギ夫が近くにくるとピタッとやめます。
これ本当なんですよ。
まるで3匹が喧嘩の仲裁をしているようにさえ見えます。

これは正直イケるって思います。
私はこれからもヤッコやチョウチョの喧嘩の押さえ役のためにこういうキャラの子
長期飼育が出来る平和混泳水槽のために必ず入れて行こうって思っています。

今後は、新魚を選ぶ際にはその子の生息域や生息環境なんか
を調べるのはもちろんですが
その子達が持つ「性格」

*群れているのが好きなタイプ
*洞窟なんかで1匹暮らしで孤独を愛するタイプ
*ラブラブペアで仲良く生活するタイプ
*孤独が好きだけど人ごみの中じゃないと不安なタイプ
*周り状況が見えないKYなタイプ

等を充分考慮したいと思っています。

メンタル面のケアまで考えて

上手く混泳していく事が出来なければ

混泳水槽でもそれぞれのお魚を長生きさせてあげられるのではなどと
思っています。

の記事でも紹介したように我が家に新水槽がやってきます。
立ち上げには時間を掛けるつもりですが、
上記に書いたことを充分踏まえた

更なる長期飼育を目指して

全水槽の混泳メンバーチェンジを考えています。


また、追々記事にしますね。

この記事を読まれた方で
水質も問題なく、病気も出ていないのに
何年経っても上手く長期飼育できないっていう
ジレンマで苦しんでる方がいらしたら・・・
もしかしたら一度お魚の気持ちになって
良~~く混泳メンバーや密度をメンタル面から考えてあげたら。
意外と初心者の迷宮から抜け出すヒントになるかも知れませんよ。


私的な「長期飼育のための5か条」は次も長い文章になりそうです。

あしからずご了承ください。



ほなね~~












スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

【2009/03/31 20:28 】 | アクアイベント | コメント(10) | トラックバック(0) |
<<私的「長期飼育のための5か条」その3!! | ホーム | 私的「長期飼育のための5か条」その1!!>>
コメント
No title
読破しました。ふぅー
azuさん、すげー。大学の先生みたいでした。
勉強になります。
第3ケ条も楽しみです。
文章にクギ夫が出て来た!(密かにうれしー)浦々でした。
【2009/03/31 22:53】| URL | 浦々 #-[ 編集] |
No title
ふむふむ。
azuさんの探求心はとどまることを知りませんなぁ。
素晴らしい(*^o^*)

>更なる長期飼育を目指して
>全水槽の混泳メンバーチェンジを考えています。


フフフ。。。
結構大変なんだな、これが♪( ̄ー ̄)ニヤリ

でも、azuさんなら
すんなりクリアしそうな感じがするから不思議だ(^^
【2009/03/31 23:03】| URL | かっしぃ。 #-[ 編集] |
No title
いや~長かったけど長さを感じませんでした!
そして、耳が痛かった^^;イター
第一箇条、「焦るべからず」
第二箇条、「無理な混泳をするべからず」
しっかりと学習いたしました!^^
【2009/04/01 00:32】| URL | たらふく #JalddpaA[ 編集] |
No title
魚が乱舞する水槽ってめっちゃ憧れます。
そんでもって、ヤッコ好きなのでヤッコだらけの水槽見たらたまらなく興奮しますしね。
でも、自分の技量では何十匹の魚を管理できる自信がなくて、今の6匹が妥当かなぁなんて思ってます。
azuさんのブログを見てると「魚が多くて楽しいそうだなぁ♪」なんて思ってる人がたっくさん居ると思うんですけど、裏では毎日どこかの水槽の水換えをしてたり、病気の治療してたり、表に出してない苦労がいっぱいあるのを知ってるので、尚更「混泳乱舞水槽」の美しさと厳しさを身近に感じちゃってます。
もっと苦労話してもいいと思いますよ(笑)
【2009/04/01 08:20】| URL | ゆっきっき #-[ 編集] |
No title
魚の気持ちになって考えば、そうなのかもしれませんね^^;
今まで考えた事はなかったですけど、
水槽の、置き場所・本数を考えると、さすがに限界もありますからね^^;
だから、ついついごちゃごちゃまぜまぜ水槽になってしまいますね^^;
【2009/04/01 17:17】| URL | キー坊国王 #-[ 編集] |
No title
こんにちは。

第2か条キタ━(゚∀゚)━!
混泳の難しさは痛感しております。
言葉が喋れたらなぁって何度思ったか。
辛い思いはしたくないので
毎日餌の食べ具合だとか
出来る限りのチェックはしております。
【2009/04/01 20:43】| URL | ケンシロウ #Tksic3..[ 編集] |
No title
すごい! 読み応えがありました^^
僕も以前に同じように魚同士の間にある力関係の話を書こうと思ってたんですが、ありふれた磯の魚の話を誰が読むねん・・・ というのと、azuさんのようにうまく書けないので諦めました(^^;

しかし、お目付け役みたいな魚って意外といるもんなんですね^^
【2009/04/01 21:02】| URL | わもん #-[ 編集] |
No title
■浦々さん

あれ~恥ずかしいです。
思い入れの強いテーマだったのでつい語っちゃいました(汗)

あの・・・小学生の先生あたりにしておいていただけませんか(笑)
クギ夫ネタ!また企画しますね

■かっしぃ。さん

わ!!(*^^*)
あはははは・・・なんか魚オタクになってます

混泳メンバーチェンジ!
きゃ~やっぱ大変ですか!?

いや!更なる長生きの為にチャレンジしますよ。
入れ直す順番とか鍵ですかね?

いっぱいカゴ買っておかなきゃ(笑)

■たらふくさん

何をおっしゃる!!
たらふくさんちの水槽はヤッコ混泳のお手本です。
陰ながら苦労されてるとご推察します。
全員を長生きさせるのは至難の技です。すごい事ですよ♪
ハナダイ群泳も効いてると思うなぁ~~
私は違うスタイルで頑張ってみますね♪♪

■ゆっきっきさん

好きなお魚が乱舞!素敵ですよね~
本当に一匹一匹の気持ち考えながらは大変かも♪

でも、かわいいお魚のための苦労はなんだかしんどくないのよね(笑)
ゆっきっきさんみたいに分かってくれる人が分かってくれたら
いいんですよ♪

■キー坊さん

ごちゃ混ぜ水槽は悪くないんですよ(^^)v。
気持ち考えてあげたらベストな混泳組み合わせ。
自然に浮かんじゃうかも♪
大好きな子が☆にならないように!
お互い頑張りましょうね。

■ケンシロウさん

本当ですよねぇ~~
言葉がしゃべれたらいいなぁ~~って思います。
あ・・・でもうちじゃ、、、みんながしゃべりだしたらうるさいかも(笑)

日々のチェックでその子の性格がだんだん分かっちゃいますよね。
すごく大事な事だなぁ~~って思っています。

■わもんさん

わもんさんも!!気づいてましたか♪
磯も熱帯も深海も関係ないと思いますよ~~
何奥年もかけて進化した海の生き物達!
観察してると興味深い事まだまだ沢山あります。
思った事を是非記事にしてください。

お目付け役!大事だと思います♪
【2009/04/01 22:15】| URL | azu #-[ 編集] |
No title
無理な混泳をしない!
素晴らしい心がけですな~(笑)
私にゃ一生ムリ。だって無理が通った時の快感を忘れられないんですもの~~(爆)


魚にはマメに世話して許してもらいます・・・azuさんは頑張ってね!
【2009/04/02 16:59】| URL | ぴー父 #mQQEfdr.[ 編集] |
No title
■ぴー父さん

精神頑強先鋭大型奴成魚軍団はこの限りではありません(笑)
これからも過密混泳チャレンジください♪
あ・・・マメにお世話お忘れなく!!

うちはキーパーに似て「おしとやかな繊細な子」が多いので(爆)
長生きのためにはご機嫌伺い欠かせません(^^)v
どっちも難し~~~~ぃい!!
頑張りましょう♪
【2009/04/02 22:44】| URL | azu #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokkenyan.blog7.fc2.com/tb.php/63-53bc0840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。